用品・グッズ

運動性を追求した設計でスポーツ走行をサポート。elf スフィーダジャケット

EJ-S113 スフィーダジャケット

夏旅の必須アイテムと言えばメッシュウエア。このスフィーダジャケットは、個性的な左右非対称グラフィックを採用する、エルフらしさあふれる新作メッシュジャケットだ。

前傾姿勢を前提としたカッティング、両脇と腕の内側に採用されるストレッチ生地により長時間のライディングでも疲れにくく、優れた運動性も確保。スポーティなデザインに違わず、走りを楽しむことが可能な設計がなされているのだ。それは、肩と肘、胸にハード、背中にソフトプロテクターを標準装備することからも分かる。

もちろん、街なかやツーリングではその動きやすさが着心地の良さにつながる。途中の移動は快適に、ワインディングではスポーティに走りたいという欲張りなライダーにお薦めしたい1着だ。

価格:2万2880円(5月下旬発売予定)
カラー:ホワイト×ブラック、ブルー、ブラック×ホワイト、ホワイト×グリーン、ブラック×レッド
サイズ:S、M、L、LL、3L、4L プロテクター:肩、肘、背、胸

両脇、そして腕のボディ側に伸縮性が非常に高いストレッチ生地を採用。これにより運動性が飛躍的に高まっている。フランスのオイルメーカーであるエルフを象徴する青・白・赤のアクセントカラーも入る
サブリメーション加工による薄い縞模様も特徴の1つ。首裏の横一文字とその下の「elf」のロゴマークは、夜間の被視認性を高めるリフレクターになっている
腰の両サイドにはサイズ調整用の面ファスナーベルトを装備。高速走行時にはこのベルトを締めることで、走行風による裾のバタつきを防ぐことができる

COLOR VARIATION

ブラック×ホワイト
ブラック×レッド
ブルー
ホワイト×グリーン

まとめ●モーサイ編集部 photo●吉田悠太/フラッグシップ

問い合わせ先

フラッグシップ
TEL:048-762-1021
https://flag-ship.co.jp

  1. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  2. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  3. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  4. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  5. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  6. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  7. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  8. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  9. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  10. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  11. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

フランス発のバイク用アパレルブランド「IXON」がMOTOSALONと日本独占代理店契約を締結 返礼品は「マンホールの蓋デザイン権」設置場所も選べる!! 島根県吉賀町のふるさと納税が内容も寄付額もぶっ飛んでる件 SHOEIのGTエアーIIに左右で色を変えた個性的なツートーンモデルを設定

カテゴリー記事一覧