用品・グッズ

オールマイティに使えるフルメッシュジャケット FLAGSHIP ベルサージャケット

メッシュジャケットは一般的に伸縮性はそれほど高くない。柔軟な生地により動きやすいが、繊維自体が伸縮するわけではないので着心地がいいとまでは言えない。その点、このベルサージャケットは生地にストレッチ性が備わっており、さらに裏地も廃したことで優れた運動性ときわめて軽い着心地を実現している。それはツーリングだけに使うのはもったいないほど。標準装備のプロテクターはメッシュのソフトタイプなので、「ちょっとそこまで」といった街乗りでも気軽に羽織って出かけられるはずだ。

このライトさを生かし、ウインタージャケットなどの下に着るインナープロテクターとしても使うことも可能。暑い夏にしか使い道のないメッシュジャケットを一年を通して活用できるのだ。

FJ-S210ベルサージャケット

価格:1万4850円(4月下旬発売予定)
カラー:レッド、ブラック、ブルー、グリーン、グレー、オリーブ
サイズ:S、M、L、LL、3L、4L、LW
プロテクター:肩、肘、背/胸(オプション)


上腕にフラッグシップの「F」と「S」を模したロゴ、そして3本のラインを採用。どんなタイプのバイクとも合わせやすい、トラディショナルな雰囲気を作り上げている
カジュアルさを高めるだけでなく、襟周りのバタつきも防止するボタンを装備。ファスナータブは、グローブをしたままでも操作がしやすい大型のラバータイプを採用する
裾のバタつきが気になるときは、左右に設けられたこのボタン付きタブで2段階に調節可能。なお、薄手のメッシュ生地は特にコシがないので、なるべくジャストサイズを選ぼう

COLOR VARIATION

ブラック
ブルー
グリーン
グレー
オリーブ

まとめ●モーサイ編集部 photo●吉田悠太/フラッグシップ

問い合わせ先

フラッグシップ
TEL:048-762-1021
https://flag-ship.co.jp

  1. アパレルデザイナーが語る『CT125・ハンターカブ』。ワークブーツのようにタフでオシャレなバイク

  2. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  3. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  4. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  5. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  6. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  7. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  8. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  9. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  10. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

「カワサキ プラザ福岡西」がリニューアルオープン!ツーリングスポット糸島半島の入口にあって立ち寄りやすい! スズキ・Vストローム1050・2024年モデル新たな3色のカラーリングで新登場 ムック『俺たちのカワサキ空冷Zシリーズ』が八重洲出版より6月29日に発売!!

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション