用品・グッズ

STRIKERの2022年新商品「Z900RS用定番マフラーが復活リニューアル、ハヤブサ用パーツもより充実」

2022年4月2日追記:Z900RS用パーツ情報を追加しました。

2022年登場のカワサキ Z900RS用新パーツ

カワサキ車を中心に、性能アップとドレスアップを狙ったカスタムパーツを数々リリースしている「STRIKER」。
中でも人気モデル・カワサキ Z900RS用パーツは特に充実しているが、しばらく販売停止となっていた定番アイテム「フルエキゾーストマフラー TITAN BLACK LINE」がリニューアルして復活。3月下旬開催の東京モーターサイクルショー・STRIKERブースにも展示された。

フルエキゾーストマフラー TITAN BLACK LINEはただ再生産を行ったものではなく、特殊セラミックコーティングを採用し「Type2」へと進化。これにより、擦れや摩擦、高温への耐久性が増しているほか、ガソリンやブレーキクリーナーなど溶剤に対する高い耐性も備えているという。

TRIKERフルエキゾーストマフラー TITAN BLACK LINE Type2(サイレンサー真円)。

チタン製でありながら、ブラック仕上げとした精悍な見た目も魅力なSTRIKERフルエキゾーストマフラー TITAN BLACK LINE Type2は、サイレンサー真円が26万円、サイレンサー異形カーボンエンドが27万5000円。
もちろんいずれも車検対応品で、Z900RS CAFEにも装着可能。5月上旬からデリバリー開始となるそうだ。

2022年の新製品も多く用意されており、Z900RS/Z900RS CAFE用ではドレスアップにも最適なジュラルミン製スペシャルタンデムステップキットが開発中で、製品版は精悍なブラックアルマイト仕上げとなる模様だ。

外装パーツ「SAD」シリーズのZ900RS用としては前後フェンダーやラジエターサイドシュラウドなどが既にラインアップされているが、新商品としてアンダーカウルも登場予定だ。カーボンが6万8200円、黒ゲルコートが4万4000円となっている(いずれも予価)。

加えて、STRIKERスタッフの方いわく「ちょっとマニアックなパーツですが……」というステアリングダンパーステーも開発中とのこと。Gストライカーセパレートハンドルキットを装着したZ900RSに、オーリンズ製ステアリングダンパーを綺麗に収めるためのアイテムとなる。確かに、サーキット走行などスポーツライディングを楽しみたい玄人ユーザー向けかも!?
そんなこだわりパーツを開発してしまうのもまたSTRIKERらしい。

Z900RS用SADアンダーカウル。写真は「カーボン」で予価6万8200円。
Z900RS用ステアリングダンパーステー(Gストライカーセパレートハンドルキットを装着した車両用)。
Z900RS用スペシャルタンデムステップキット(矢印の部分)。ステップバーは既に販売中の「オリジナルタンデムステップバー」(1万8700円)。

2022年登場のスズキ ハヤブサ用新パーツ

「STRIKER=カワサキ車のカスタム」というイメージを持っている方も少なくないかもしれないが、実はスズキ ハヤブサ用パーツでも定評がある。
2022年の新製品でもジュラルミン製のGストライカースイングアーム(27万2800円)が開発中。また、SADカーボンフェンダー(前後)も開発中という。

STRIKERが各車にラインアップしている定番パーツ・Gストライカースイングアームにハヤブサ用が遂に登場する。
「エアロデザインSAD」シリーズのハヤブサ用カーボン製フェンダーも新登場。現在開発中とのこと。

今後は250ccスーパースポーツ用アイテムが増えるかも!?

現在大排気量スポーツモデル用のパーツが多いSTRIKERだが、もっと多くのライダーにブランドを知ってもらいたいと、若いユーザーの支持が厚い250ccスーパースポーツ用パーツに力を入れていくことも検討しているという。
現在も250cc並列4気筒のカワサキ ニンジャZX-25R用のフルエキゾーストマフラーやステップ用キットなどがラインアップされているが、今後の動向に期待したい。

現在販売中のニンジャZX-25R用スペシャルステップキット(6万500円)。

まとめ&写真●モーサイ編集部

  1. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  2. Honda E-Clutchが誕生するまで。便利さと楽しさを追求し続けるホンダ2輪用オートマチックの歴史

  3. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  4. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  5. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  6. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  7. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  8. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  9. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  10. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  11. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  12. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

レブイット「イリジウム H2O ジャケット」はシンプル&シックながらモダンな機能が充実 クシタニに訊く 「KUSHITANIグローブ&フットウエア ベストチョイスの秘訣」 【試乗レポート】トライアンフ・デイトナMoto2 765「公道版Moto2マシンは、本当に公道でも楽しめるのか?」

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション

ピックアップ記事