新製品

【CLOSE UP!】SW-MOTECH レジェンドギアシリーズ

ハードユースもOKのビンテージ風バッグ

SWーモテックは、1999年に創立されたドイツのバイク用アクセサリーサプライヤー。「機能とデザインの両立」をコンセプトとして設計した製品は多くのユーザーの信頼を獲得しており、各バイクメーカーと共同で純正アクセサリーの開発や生産なども手がけている。

そんなSWーモテックがリリースした「レジェンドギア」シリーズは、ビンテージスタイルが魅力のツーリングバッグ群。洗練されたデザインはクラシックモデルだけでなく幅広い車種にマッチする。レトロなモノには使いにくさやぜい弱さを感じる人もいるかも知れないが、心配は無用だ。素材に使用しているのは、防水コーティングを施された丈夫なキャンバス地と高強度の合成皮革「ナパロンレザー」。フタやバッグ自体の固定方法も安定性が高い方式を採用している。モデルによってはアクセサリーバッグと組み合わせて使い勝手を高めることも可能だ。

そして、並行輸入品などにありがちな「説明書が読めない・読みにくい」という欠点もない。ホイールの「ゲイルスピード」やサスペンションの「ハイパープロ」を展開する日本のパーツメーカー、アクティブが正規輸入販売元となっており、写真も織り交ぜた分かりやすい日本語の説明書が付属するので、取り付けは簡単。販売証明用紙も付き、万が一製品に不具合があったときにサポートを受けられるというのも心強い。

価格●3240円~4万2120円 問アクティブ ☎0561-72-7011 http://www.acv.co.jp

(report●林 康平 photo●吉田悠太)

  1. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  2. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  3. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  4. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  5. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  6. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  7. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  8. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  9. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  10. アメリカ人ライダーが語るバイクの楽しさとCBR1000RR-Rの素晴らしさ「バイクに乗ってライフスタイルが変わった」

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

アバター

モーサイ編集部

投稿者の記事一覧

1951年創刊のモーターサイクル専門誌。新車情報はもちろん、全国のツーリングライダーへ向けた旬な情報をお届けしています!

モーターサイクリストは毎月1日発売!

おすすめ記事

007シリーズ最新作公開! ジェームズ・ボンドにまつわるバイク&クルマのハナシ(サイドカーもあるよ) デイトナの人気インカムDT-01がバージョンアップ! 最大6人での通話が可能に 「150ccのバイクで120km/h走行」はイケるのか? ホンダ ADV150で超高速走行にチャレンジ!

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション