ウエア

KUSHITANI 機能と気品を兼ね備えた高機動レザージャケット

走り続けるミドルのための:[快適アイテム]

KUSHITANI K-0691 CHROME JACKET

価格:6万9120円(M、L、LL)、7万9920円(L/3W、XL) カラー:ホワイト、ブラック、ブラウン サイズ:M~XL、L/3W 標準装備プロテクター:肩、肘、背

レザージャケットの優れた保護性能や着心地のよさ、高い質感とテキスタイルウエアのようなスポーティなデザインを組み合わせたクシタニの新作が、このクロームジャケット。その最大の特徴は、肩のシャーリングや袖のストレッチニット生地によって実現した、優れた運動性にある。

●レザーの素材にはしなやかなソフトステア牛革を採用。肩後部のシャーリングと袖のニット生地(内側の黒い部分)により、前傾の強いバイクからアップライトなモデルまで幅広く対応可能だ

レーシングスーツからフィードバックされたこれらの装備により、前傾姿勢に合わせた立体裁断を採用するにもかかわらず、アップライトな姿勢を取っても窮屈感はない。そのため、例えばSSとアドベンチャー、ネイキッドとスクーターなど、ジャンルの異なる複数のバイクを持つ人でも安心して着回すことができる。

●熱気を排出してジャケット内の温度を下げるため、上腕部には外気を取り入れるインテーク、背中の両脇にはアウトレットを装備。そのファスナーには止水タイプを採用するなど、細部まで妥協のない作りがクシタニらしさを感じさせる

両腕と背中にはベンチレーションを装備し、内部にはウインドストップベストやメッシュベストなども装着可能。シチュエーションを選ばず長いシーズン愛用できるのも、このジャケットの魅力と言えるだろう。

●グローブと接する袖口やヘルメットが当たる襟裏部分にはソフトな素材も採用している

●胸の内側には別売りのレーシングブレストパッド(9180円)やコロイドブレストパッド(1万2960円)を取り付けるための面ファスナーを備える。銀色のファスナーはオプションのインナーベストを装着するためのものだ

●CE規格レベル2の肩と肘のプロテクターに加え、背中にはレベル1をクリアした写真のバックプロテクターも装備する。いずれも柔軟性が高くライダーの動きを妨げない

 

問クシタニ ☎053-441-2516 http://www.kushitani.co.jp

おすすめ記事

RG500Γ、NS400R、RZV500Rの乗り味は? 編集部員とジャーナリストで乗り比べ!:前編 2018年で"デビュー○周年"!【CB750FOUR編】 【NEW ITEM】GAERNE SG-12 【時代を駆け抜けたバイクたち5】HONDA VT250F編 【NEW ITEM】Alpinestars SMX-6 v2 BOOT ライディングウエアメーカー「ペアスロープ」がマスクを緊急発売 麻とコットンの天然素材を活用
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

  1. Z650 ザッパー
PAGE TOP