用品・グッズ

早くもリピーター続出中のエンジンクリーナー!! 「信頼の技術で走りに違いが出る」ELF コンプリート エンジンクリーナー

頼れるガソリン添加剤が登場

MotoGPや耐久レース、ラリーなど世界中のモータースポーツをサポートするELFから、新しいガソリン添加剤3種が発売された。ガソリン添加剤は、エンジン洗浄&保護やパワーアップ、燃費改善など、さまざまな効果をうたう製品が多数存在し、どれがいいか決められない人もいるだろう。そんな読者には、3種の中でも特にコンプリートエンジンクリーナーをお薦めしたい。

この製品には、エルフが長年レーシングフィールドで培ってきたガソリンテクノロジーが投入されている。特徴的なのは、独自開発した特殊な摩擦軽減剤(FM剤)を配合した点だ。これにより、単にエンジンをきれいにして本来の性能を引き出すだけでなく、エンジンの保護、フリクション(摩擦抵抗)軽減も実現。汚れ除去による燃焼正常化と合わせて、気持ちのいいエンジンフィーリングを取り戻してくれる。また燃費回復、防錆効果も期待できるなど、まさにコンプリートなガソリン添加剤なのだ。

また洗浄成分には、汚れを強力に落としながら、ゴム系パーツやシール材への攻撃性が少ないものを使用。注入量や旧車への使用時に細心の注意が必要というわけでもなく、トラブルを回避できるのも魅力のひとつだ。

価格:1980円 内容量:250ml


ガソリン添加剤はどこに効く?

ブローバイガスに含まれている未燃焼物などが、インジェクターノズルやインテークバルブにデポジットとして付着すると、ガソリンの噴霧が正常に行えなくなる。そこで、この部分をきれいにすることで、エンジンが本来持っている性能が復活する。また、エルフのガソリン添加剤に配合されている独自開発のFM剤により、ノズル内のガソリンの動きも良くなるし、シリンダーライナーとピストン接触部のフリクションを低減して燃費向上も図れる

『モーターサイクリスト』誌石井がインプレ!!
ガソリン添加剤7年間未使用の愛車で実走

コロナ禍で愛車の稼働回数も減り、オイル交換をしても、吹け上がりがどうも以前とは違うと感じていた。コンプリートエンジンクリーナーを注入して往復300㎞ほどのキャンプツーリングへ行ってみたが、低温始動時のゴロッとした重たい感じが薄れ、アイドリングからのエンジンフィーリングが気持ち良く回復してくれた

キャップにもひと工夫

米国では乳幼児の誤飲を防ぐために当たり前となっているチャイルドレジスタントキャップを採用。不慣れな日本人には最初はちょっと開けにくい。キャップを押し付けながら、反時計回りに回すのだが、編集部で何度も試した結果、平らな場所に置いて、キャップを片手で垂直方向に押し続け、本体を反対の手で時計回りに回すと簡単に開けることができた。なお、一旦開封したボトルは立てて保管し、なるべく早く使い切ろう。

シリーズラインアップ

洗浄・省燃費効果が狙え、低コストのインジェクタークリーナー(左・価格:1320円)、オクタン価を向上させノッキングを防止するパワーアップ系添加剤ながら、洗浄剤も入っているオクタンブースター(右・価格:2200円)もラインアップされている。

レポート●モーターサイクリスト編集部 写真●トタルエナジーズ・ルブリカンツ・ジャパン/編集部

問い合わせ先

トタルエナジーズ・ルブリカンツ・ジャパン
※トタル・ルブリカンツ・ジャパンより社名変更
TEL:0570-062-555
https://www.elf-lub.jp

  1. “はじめてのツーリングに役立つノウハウ人気記事TOP5! バイク初心者の人はチェックしてみて!【脱! バイク初心者虎の巻/旅のノウハウ 編】

  2. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  3. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  4. スーパーカブ C125、起伏がある坂道にも強い!レンタルバイクで日本の原風景を旅するなら『スーパーカブ C125』がピッタリだと思う【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Super Cub C125(2022)】

  5. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

  6. ただの味わい系バイクじゃない。 新型『HAWK 11 (ホーク 11)』に感じる大型バイクの新境地【HAWK 11に、乗る /試乗インプレ・ファーストレビュー 前編 】

おすすめ記事

注目は「CB-F」だけじゃない ホンダ バーチャルモーターサイクルショーは「世界観」と「臨場感」が魅力! 【元警察官】に聞く「交通違反を裁判で争いたいとき、取り締まり現場で押さえておくべき証拠とは!?」 SUVスクーターがブームになる?「人気上昇中のオフロードテイストマシン3車が熱い!!」
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP