新製品

【CLOSE UP!】KIJIMA サイクルアラーム コンバットファイブ

愛車を手軽かつ効果的に守れるアラーム

バイクの盗難・いたずら防止にはいくつかの手段があるが、アラーム装置は不審者の作業を妨げるのにとても効果的。警告音で周囲の人々の注意を喚起するので、オーナーの目の届かない場所に駐車している場合でも“人の目”によって犯行を防げる。そんなアラーム装置の最新型が、バイクパーツメーカーのキジマから発売された。その特徴は、使いやすさと充実した機能だ。

基本の取り付けはプラス線とマイナス線の結線のみで、コンパクトな本体はシート下のような狭い箇所にも設置しやすい。アラームのオン/オフは付属のリモコンを使いワンプッシュで操作できるので、一度設置してしまえば手間なくバイクを警戒状態にできる。

本体が衝撃を感知すると発せられる警告音は110デシベルの大音量。1回の衝撃につき2回警告音を発して再び待機状態になる設計で、必要以上に周囲の注意を集めない。さらに、本体から出ている白・茶・黒のギボシ付き導線の接続の組み合わせにより、警告音を鳴らす感度を調整することも可能だ。

25㎝~2mの範囲の動きを感知可能となる「マイクロウェーブセンサー」や、乾電池からの電力供給が可能になる「9Vバッテリーセット」、追加・補修用の「ブランクリモコン」もオプションで用意されており、まさに至れり尽くせり。愛車を守るのにぜひ活用してほしい。

本体サイズ●H7.4×W7.4×D3.5(各㎝) キット内容●本体、リモコン、ヒューズ配線、エレクトロタップ×3

価格●9720円 問キジマ ☎03-3897-2167 http://www.tk-kijima.co.jp

(report●林 康平 photo●星野耕作/キジマ)

  1. 最も乗りやすい大型スポーツバイク?『CB1000R』は生粋のSS乗りも納得のストリートファイター

  2. アパレルデザイナーが語る『CT125・ハンターカブ』。ワークブーツのようにタフでオシャレなバイク

  3. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  4. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  5. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  6. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  7. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  8. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  9. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  10. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

アバター

モーサイ編集部

投稿者の記事一覧

1951年創刊のモーターサイクル専門誌。新車情報はもちろん、全国のツーリングライダーへ向けた旬な情報をお届けしています!

モーターサイクリストは毎月1日発売!

おすすめ記事

ヤマハ バイクレンタル「安心充実の補償制度で気軽に乗れる」 「アトラス バイクリフター」はガレージの便利アイテム! バイクの横移動&方向転換が楽ラクだ トライアンフ タイガー1200に砂漠越えのアドベンチャーをイメージさせる「デザートスペシャルエディション」が登場

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション