用品・グッズ

STRIKERが新型=3代目スズキ ハヤブサ用パーツをますます充実! 外装パーツもスタンバイ

カスタムパーツブランドの「STRIKER」というと、カワサキ車に強いイメージを持っている人が多いかもしれませんが、実は、スズキ ハヤブサも得意としているのをご存知でしょうか。初代ハヤブサ、2代目ハヤブサ用と、様々な外装パーツや機能パーツをリリースしてきた歴史があるのです!

ということは、新型=3代目ハヤブサ用パーツに取り組まないわけはありません!
既にSTCステップキットや、ガードスライダー、ラジエターコアガード&オイルクーラーコアガードSETを発売中。
そして、外装パーツ「SAD」シリーズとしてフロントフェンダーやリヤフェンダーも鋭意開発中とのことです。

STRIKER「STC」ステップキット

チェンジ側は試作品で、ペダル、プレートのデザインが市販版とは一部デザインが異なります。

STCはスポーツ・ツーリング・コンセプトの意で、特に街乗り派やツーリング派にオススメのステップキットです。
足の接地面を点では無く「面」で捉えるため、ツーリングなど長時間のライディングでも足の疲れを軽減。4ポジションが選べ、純正のクイックシフターにも対応しています。
転倒時のダメージを最小限に抑えるべく、各プレートやペダルはあえて肉抜きを控えめとした高剛性タイプとなっています。

ブラックバードアルマイト仕様とシルバーアルマイト仕様の2カラーがラインアップされ、価格はいずれも6万3800円です。

STRIKERガードスライダー

3代目ハヤブサ用STRIKERガードスライダー(耐熱オールブラック)。取り付けにはカウルへの穴あけ加工が必要となります。

スポーツライディング派も、ツーリング派も、万が一の転倒時にダメージを押さえてくれるガードスライダー。スライダー部の素材とカラーリングの組み合わせで3タイプをラインアップ。

標準仕様(ジュラコンスライダー)が1万4300円。
耐熱オールブラック(ジュラコンスライダー)が2万3100円。
耐熱カーボンコンポジット(カーボンコンポジットスライダー)が3万4100円。

耐熱カーボンコンポジットのカーボンコンポジット製スライダー部。

STRIKERラジエターコアガード&オイルクーラーガードSET

上がラジエターコアガード、下がオイルクーラーガード。セットでの販売で価格は3万9600円。

フィン部分の破損、汚れを防ぐだけでなく、ドレスアップ効果もあるラジエターコアガード&オイルクーラーガードSET。タイヤからの巻き上げが多い中央部はメッシュが細やかなものとする一方、左右は粗目のメッシュで冷却効果はしっかりと確保しているなど、機能面は「本気」の作りとなっています。価格は3万9600円。

取り付けにはカウルの脱着が必要となります。

またSTRIKERの海外向けレーシングブランド「ARATA RACING WORKS」としては、サーキットユース用のエキゾーストシステム開発にも取り組んでいるといいます。
今後もSTRIKER製ハヤブサ用パーツから目が離せませんね!

テストを繰り返し、クローズドコース用エキゾーストシステムも開発中!

まとめ●モーサイ編集部 写真●カラーズインターナショナル

おすすめ記事

【おすすめ一泊旅】悠々と駆け巡る房総半島横断ツアー その3 「脱リッターバイク宣言!?」ミドルエイジのための、ミドルクラスのススメ 車椅子のまま運転できるバイク・コアラ 製作者の夢は「パラリンピックマラソンの先導車に使ってほしい」
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

  1. スーパーカブ 50 ホンダ 2022
PAGE TOP