用品・グッズ

運動性と保護性能に優れたスポーティな一足 アルパインスターズから「SMX-1R v2 VENTED BOOT」登場

本格的なライディングブーツのプロテクション性能や安心感と、ストリートでの使いやすさを融合したローカットハイパフォーマンスブーツのアルパインスターズSMX-R1が、”V2″に進化。甲部のストラップクロージャーシステムがアラミド繊維ワイヤーを内蔵したラバータイプになり、TPUシフトパッドプロテクターの形状変更、フラップがなく操作しやすい止水式ジッパー新採用などが施された。

フィット感の調整は簡単! 人間工学に基づいて設計された新ストラップクロージャーが、甲部の剛性感とフィット感を高める。ベルクロ式で調整や解放は一瞬!

独自コンパウンドラバーを使用したソールはグリップに優れ、しかも剛性感があるため、ステップワークがしやすい。横剛性を高めるTPF(トランスバーサルプロテクションフレーム)により、転倒時の保護性能にも優れる。

一方で、つま先側には縦方向に適度な柔軟性もあり、加えてローカットデザインとストレッチパネルのおかげで足首を動かしやすいため、バイクを降りたときに歩きやすい。内足側のジッパーとベルクロ式のストラップを操作するだけで簡単に脱ぎ履きできる点も、普段のツーリングで利点となる。

アキレス腱のあたりにストレッチエリアを設け、その上側を低めにカットして足首を伸ばしやすくすることで、歩きやすさも高めてある

ベンテッド仕様は、メインマテリアルとなるマイクロファイバーにかなり広範囲でパンチング加工を施し、甲部にはメッシュ生地も使うため、優れた通気性を誇る。夏でも快適に、スポーティなライディングブーツを気軽に履ける!

カラバリは、黒×赤、黒×白、黒×黒の3タイプ。
派手すぎず適度にスポーティで、ジーンズからレザーまでさまざまなパンツと合わせやすい。
価格:2万7280円 サイズ:39〜45(25.0〜29.5cm)
左:ブラック×ホワイト、右:ブラック×ブラック

標準仕様も用意
SMX-1R v2 BOOT

価格:2万7280円

パンチング加工とメッシュ素材を用いず、初春から晩秋まで幅広い季節に愛用できるよう設計されたスタンダードタイプもある。価格とカラー設定、基本的な仕様とツーリングでの使いやすさは、ベンチレーション仕様と同じだ。

report●田宮 徹 photo●岡 拓

問い合わせ先

岡田商事
http://www.okada-corp.com

  1. アパレルデザイナーが語る『CT125・ハンターカブ』。ワークブーツのようにタフでオシャレなバイク

  2. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  3. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  4. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  5. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  6. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  7. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  8. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  9. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  10. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

陽気なイタリアのバイクミーティング! ゴールドウイング GL1800 ホンダ ホンダ ゴールドウイング(GL1800)開発者インタビュー 「NSR250R開発担当が追求した、スポーツとラグジュアリーの両立」 A.S.H.クオリティの真髄<#13> サーキット主体の1000ccスーパースポーツで上級グレード「FS MOTO-SPEC」をテスト!

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション