用品・グッズ

【シーズン到来!ツーリング快適アイテム最新版】TEITO PREMIUM M4S

久しぶりの人も、そうでない人も高品質エンジンオイルでツーリング準備!

湿式クラッチの二輪車用エンジンオイルは、潤滑によりエンジンやミッションの摩擦抵抗を減らす一方で、オイルの摩擦特性によってクラッチを滑りにくくするという、相反する性能が必要だ。

そんな二輪車用オイルの規格内で最も粘度が高い“MA2”の認証を受けたプレミアムM4Sは、優れた耐熱性や洗浄性、せん断安定性能(オイルの粘度低下を防ぐ性能)を持ち、街乗りやツーリングだけでなくサーキットでも安心して使用できる最高峰の化学合成油。API規格最高グレードのSNながら4Lで3000円台という価格設定も特徴で、しっかり密閉し高温多湿を避けて保管すれば、小〜中排気量車なら秋のツーリングシーズン前にもう1回交換できるコスパの良さも魅力だ。

米国・API規格の最上グレードであるSNランクを取得

JASO T 903規格のMAの範囲内で高めの粘度を持つMA2の認証を取得。過酷なシーンでも油膜切れを起こしにくいため、スポーツ性が高いモデルにも使うことができる。その上にはこの製品のオイルコードが明示されている

米国石油協会が定めたAPI規格では最高となるSNランクも獲得している

DATA

タイプ:化学合成油 全合成
容量:4L
SAE粘度:10W-40
規格:JASO MA2
API分類:SN
用途:二輪車用4サイクルエンジン用

オイルの分類と特性

(公社)自動車技術会が発行するJASO規格(JASO T 903:2016)では、動摩擦特性指数(DFI)、静摩擦特性指数(SFI)、制動時間指数(STI)が基準内のものをMA、それ以下をMBと規定。MAは指数基準でさらに3段階に分類される

MA

MA2:MAの摩擦特性の範囲内においては粘度が高め
MA1:MAの摩擦特性の範囲内においては粘度が低め
MA:高い摩擦特性

MB

MB:低い摩擦特性。主に湿式クラッチのないスクーター用

問い合わせ先

帝都産業

URL:http://www.teito-japan.com/

 

  1. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  2. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  3. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  4. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  5. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  6. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  7. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  8. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  9. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  10. アメリカ人ライダーが語るバイクの楽しさとCBR1000RR-Rの素晴らしさ「バイクに乗ってライフスタイルが変わった」

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

クシタニ、2022年の秋冬グローブは選べる4種!!「レイヴンウインターグローブ」など4モデルを紹介 草むらに隠れて獲物を狙えそう!? 緑のCT125・ハンターカブが2022年1月に登場! いちばん軽くてちっちゃかわいい【ベスパ】だよ!「Vespa LX 125 ABS」が3色発売!

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション