用品・グッズ

【バイクしっかり保管術】MARUTOのバイクカバーハヤワザは、バタつかず一気に掛けられる!

一般的なバイクカバーは、生地をかぶせるために前へ後ろへと移動しなくてはならない。しかし、裾にチェーンを内蔵するこのハヤワザなら、生地が自然に垂れ下がるので移動の必要がない。

チェーンの重みで生地が垂れ下がるので、フロントタイヤに簡単にカバーを掛けられる

装着方法はきわめて簡単。生地を車体前側にかぶせて後ろに引き、後部のファスナーを閉じれば終了。チェーンの重みが生地のバタつきを防いでくれるので、ドローコードを絞るなどの必要もない。「バイクカバーは掛け外しが面倒」と思っているライダーは、ぜひこのハヤワザを使ってみてほしい。

裾のチェーンにより生地の重心が下がるため、バタつきやめくれ上がりを防止できる
TPUラミネート生地は1万㎜以上の耐水圧を確保。縫い目には止水加工も施されている
チェーンロック用スリットを前後に装備。前側のみオレンジなのでカバーの前後が分かりやすい

■価格:オープンプライス
■サイズ:L(250〜400ccスポーツ、250〜750ccネイキッド)、2L(600〜1400ccスポーツ、250〜650ccビッグスクーター、800〜1300ccネイキッド)、3L(400〜1500ccアメリカン)、4L(ゴールドウイングなどツアラーやアメリカン、ビッグスクーターのトップケース付き)
■カラー:ブラック


バイク用フルカバーなら、底付きだから長期保管も安心!!

MARUTOにはフラッグシップモデルのフルカバーもラインアップされている、これは底面とカバーをファスナーでつなぐことで愛車を全方向から保護できるもの。ハヤワザに比べて手間はかかるが、ホコリや湿気の侵入を防止できるメリットは大きい。

■価格:オープンプライス
■サイズ:L、2L、3L、4L 
■カラー:シルバー

photo●佐藤竜太

  1. Honda E-Clutchが誕生するまで。便利さと楽しさを追求し続けるホンダ2輪用オートマチックの歴史

  2. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  3. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  4. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  5. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  6. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  7. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  8. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  9. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  10. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  11. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  12. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

ホンダ ホーク11 ホンダ ホーク11が9月に139万7000円で発売決定! 開発エンジニアに聞いた「軽量さの魅力、デザインの狙い」 【クシタニ】の最新メッシュジャケットで、夏を涼しく乗り切る! 着心地のいい3タイプを紹介! スズキ Vストローム1050の海外向けモデルがマイナーチェンジを発表!オフロード重視の新タイプ「Vストローム1050DE」を設定

カテゴリー記事一覧