用品・グッズ

【2020 RIDING GEAR AWORD】グリップヒーター部門:キジマのGH10は取り付けやすさ&握り心地NO.1

スロットルパイプを一体化しグリップを小径化したキジマ グリップヒーターGH10

一度これがある幸せを味わってしまうと、まさに”手放せない”のがウインターライディング時のグリップヒーター。真冬でも元気にバイクを楽しみたいアクティブライダーの必需品である。

純正あるいは新車購入時のオプションなどでこれが装着されていない場合、アフターマーケット製品に頼ることになるわけだが、換装作業は意外と煩雑。もちろん、ショップに頼めば工賃が発生する。

ところがキジマのGHシリーズ最新作となるGH10は、右手側のグリップにスロットルパイプが一体化されているため、装着作業がだいぶ簡単。これならDIYに挑む気持ちも湧いてくる!

径や形状が異なる3種類のワイヤー巻き取り部が同梱されている。
これを変更することで、例えばホンダCB1300SF/SBや、ヤマハMT-09、スズキGSX-S1000/FやカワサキZ1000など多機種に対応

グリップ長は120mmと130mmを用意。いずれもワイヤー巻き取り部の径は3タイプに変更でき、しかもオープン式と非貫通式の両バーエンドタイプに対応するため多くの車種に装着できる。

左右グリップ本体とハーネス類や3種類のスロットルアダプター、装着車種によっては必要となるバーエンドキャップやアルミテープなどが同梱される

この製品はグリップ外径がシリーズ最小の32mmなので指が短いライダーでも握りやすく、ややハードな感触だが操作性に与える影響が極めて少ない。さらに、スイッチも操作しやすいのだ!

左手側グリップに一体型スイッチを装備。20〜100%の5段階に切り替えられる温度レベルは、インジケーターの色で確認できる。バッテリー電圧低下時は紫色に点滅し、加熱は自動で中止されるため安心して使える

価格●1万7600円

まとめ●モーサイ編集部 写真●吉田悠太

問い合わせ先

キジマ
TEL:03-3897-2167
https://www.tk-kijima.co.jp

  1. “はじめてのツーリングに役立つノウハウ人気記事TOP5! バイク初心者の人はチェックしてみて!【脱! バイク初心者虎の巻/旅のノウハウ 編】

  2. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  3. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  4. スーパーカブ C125、起伏がある坂道にも強い!レンタルバイクで日本の原風景を旅するなら『スーパーカブ C125』がピッタリだと思う【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Super Cub C125(2022)】

  5. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

  6. ただの味わい系バイクじゃない。 新型『HAWK 11 (ホーク 11)』に感じる大型バイクの新境地【HAWK 11に、乗る /試乗インプレ・ファーストレビュー 前編 】

おすすめ記事

高速道路以外でもETCが使えるように!? バイクも使える簡易型「ワンストップ型ETC」の社会実験を神奈川県で実施 カワサキがスポーツツアラー、ニンジャ1000SXの国内販売を発表 『イージー・ライダー』人気に便乗したB級映画と思ったら、笑いあり涙ありのエンタメ作品だった『C.C.ライダー』
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP