用品・グッズ

【2020 RIDING GEAR AWORD】システムヘルメット部門:YJ-21ゼニス グラフィックはオールラウンド性がNO.1

季節や場所、昼夜を問わず快適に走れるシステムヘルメット、ヤマハ YJ-21ゼニス グラフィック

フルフェイスの安全性や静粛性と、オープンフェイスの開放感を味わえるのがシステムヘルメットの特徴だが、ワイズギアのYJ-21ゼニスはそういったはんちゅうを超えた創意工夫が満載の意欲作だ。

グラフィックモデルは写真の白とつや消し黒をラインアップ。
他に単色モデルのYJ-21ゼニス(3万800円)も用意されている

一見しただけではフルフェイスにしか見えない流麗なフォルムにまず感心。底部は内装が広く覆っており、かぶったときの冷気の侵入はかなり少なく静粛性も良好だ。一方、口元のダクトは前モデルのYJ-19より大型化されているので息苦しくはならないだろう。

システムヘルメット特有のシールドベース周りの凹凸を無くしてフルフェイス風のフォルムを実現。
面積を拡大したサンバイザーの開閉レバーは、左下部の目立たない位置にある

素早く出し入れできるラピッドサンバイザーや、着脱が簡単なワンタッチバックル、洗濯が容易な内装、オプションのピンロックシートが装着可能なシールドなど、最近のモデルにこぞって採用されている機能は漏れなく付属。耳の部分にはインカムのスピーカー用ホールが備わり、さらにスピーカーやマイクから延びる配線を通すための溝まで装備する。また、アゴひもは内装生地で広く覆って不快感を低減させるなど、「よくぞここまで!」と感心する機構が満載。季節を問わずにツーリングに出掛けたくなるような逸品だ。

マウスベンチレーションの空気流入量は従来型の2.65倍に向上。
その下にはチンバーのロックスイッチが備わる。
頭頂部に開閉式ダクト、リヤには開放式スリットを装備する

価格●3万3000円 サイズ●S〜XL カラー●GF01セミフラットブラック、GF02パールホワイト

まとめ●モーサイ編集部 写真●吉田悠太

問い合わせ先

ワイズギア
TEL:0570-050-814
https://www.ysgear.co.jp/mc/

  1. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  2. Honda E-Clutchが誕生するまで。便利さと楽しさを追求し続けるホンダ2輪用オートマチックの歴史

  3. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  4. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  5. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  6. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  7. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  8. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  9. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  10. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  11. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  12. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

【ワインディングニッポン】房総&伊豆チャレンジ編 5月新導入の「Leoncino125」や、参考出品の「TRK502X」も登場! 【プロト】は東京モーターサイクルショーで【ベネリ】を展示。 「GIGAファクトリーギア神戸」が3月1日にオープン!神戸六甲アイランドで「魅せるワークスタイル」を提案!

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション

ピックアップ記事