用品・グッズ

【2020 RIDING GEAR AWORD】ツーリングブーツ部門:アドベンチャーローは流行のキャンプツーリング適正がNO.1

街乗りやツーリングだけじゃもったいないライディングブーツ、フォーマ アドベンチャーロー

ファッション業界では「靴はイタリア」と言われるが、これはライディングブーツ&シューズも同様。フォーマは、ブーツ工場として約40年間培ってきた技術力を武器に、ライディング時の操作性や安全性だけでなく歩きやすさもコンセプトとしながら、洗練されたデザインの製品をユーザーに届ける信頼のブランドだ。

そんなフォーマ製品の中で、今注目のアイテムがこのアドベンチャーロー。高い人気を誇ってきた本格派エンデューロツーリングブーツのアドベンチャーをショート丈に仕様変更することで、より身近で普段のツーリングでも使いやすいデザインにまとめてある。

ブラック
ブラウン

メイン素材には、油分を含んだ高級天然皮革を採用。オリジナル防水透湿素材のドライテックスを内装するため、雨天走行や水たまり通過もへっちゃらだ。抗菌インナーソールは、土踏まず部がポンプの役割を果たし、歩くたびに空気を循環させる構造。これにより内部の蒸れを軽減してくれる。

ツインバックルは、砂などをかんで外れにくくなるトラブルを抑止する構造。
装着時の作動性も良好で、瞬時にフィッティング可能
くるぶし部の両サイドには、TPU(熱可塑性ポリウレタン)製のプロテクターを内蔵。
ロータイプながらライダーの足を確実に保護する

新品時の履き心地はややハードだが、自分の足になじませながら長く使えそうでワクワクする!

耐久性にも優れたラバーソールは、悪路でもグリップを得やすいエンデューロ仕様。
製品はブラウンとブラックから選択できる

価格●3万9600円 サイズ●39(25.0㎝)〜45(28.0㎝) カラー●ブラウン、ブラック

まとめ●モーサイ編集部 写真●岡 拓/吉田悠太

問い合わせ先

岡田商事
TEL:03-5473-0371
http://www.okada-corp.com

  1. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  2. Honda E-Clutchが誕生するまで。便利さと楽しさを追求し続けるホンダ2輪用オートマチックの歴史

  3. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  4. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  5. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  6. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  7. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  8. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  9. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  10. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  11. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  12. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

FJ1100 ヤマハ 東京モーターショー ヤマハ FJ1100開発ヒストリー「空冷で最高速230km/h超」80年代、世界最速を目指したマシンが生まれるまで ブルターレ800RRとドラッグスター800RRに自動クラッチモデルを設定 日本人はほとんど知らない!? ディープな欧州バイクメーカー「スペイン、ポルトガル、スウェーデン編」

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション