用品・グッズ

プロテクター付きシャツならファッションの自由度が広がる!!ライズの「モトシャツ」

ライディングでの快適性を考え抜いた、プロテクター用ポケットを持つシャツ

ちょっとそこまでの買い物で大げさなライディングジャケットは着たくないという人は少なくないだろう。お気に入りのアウターで走りたいというライダーもいるはず。そんな人たちにお薦めしたいのがライズの新製品「モトシャツ」だ。

「モトシャツ」をシンプルなジーンズとブラウンのスニーカーと合わせたコーディネートの例。写真のカラーはカーキ。

 見た目はごく普通のコットンシャツだが、実は肩と肘、背中にプロテクター用のポケットを装備している。さらにその周辺部には耐摩耗性に優れるケブラーニットを採用。つまり、これ着込めばどんなジャケットでもライディング用に早変わり、というわけ。

「モトシャツ」のバックスタイル。後ろから見ても普通のシャツにしか見えないが、機能面ではしっかりライディングの快適性を追求している。

 中厚生地なのでまだ暖かい時期はアウターとしても使え、冬に防風ジャケットの下に着れば保温力を高められる。持っていればヘビロテ確実な、今季注目の1着だ。

ボタン留めに見えるデザインだが、フラップの下にはファスナーが隠れている。こういった細やかな配慮はライディング専用製品ならでは。

タウン用と同じボタン留めシャツのように見えるが、万が一の際でも簡単に脱げることがないよう内側にファスナーを装備している。

背中にもしっかりプロテクターポケットを装備。左端に見える黄色っぽい生地がケブラーニット。

通気性を備えるオリジナルプロテクター、PROTECをオプションで肩と肘、背中に装着可能。その周辺に見える黄色い生地がケブラーニットだ。

カラーバリエーションのひとつ「ブラック」。

価格●1万4850円 サイズ●M〜XL カラー●ブラック、カーキ プロテクター●肩、肘、背中(全てオプション)

ジーンズやハイカットスニーカーとのコーディネートがオススメ

「モトシャツ」に合わせるコーディネートとしては、定番のジーンズとブラウンのハイカットスニーカーでとことん街着風に着こなすのがオススメ。

フルケブラーストレッチジーンズ

フルケブラーストレッチジーンズ。写真のカラーはインディゴ。

腰からヒザ下にヒートガードを兼ねるケブラーニットのライナーを装備した、12オンスストレッチデニム。ヒザのプロテクターは外部から出し入れ可能だ

価格●1万7490円 サイズ(ウエスト×レングス)●30×30〜36×34 カラー●インディゴ プロテクター●ヒザ、腰

ライズ スニーカーズ MOTO−01

ライズ スニーカーズ MOTO−01。写真のカラーはブラウン。

足首までしっかり保護するハイカットモデルだが、後ろ側を深くえぐることでペダルの操作性をアップ。普段使いも◎!

価格●1万3090円 サイズ●25.0〜27.5cm カラー●ブラウン、ブラック、グレー

まとめ●モーサイ編集部 写真●佐藤竜太 モデル●KOTA

お問い合わせ

RIDEZ

☎045−628−9666

RIDEZ公式ホームページ

おすすめ記事

キャブと最新技術が融合!? ケーヒンとミクニの技術展示にワクワクがとまらなかった@東京モーターショー2019 風もなく、昼も夜も変わらぬ快適性! クシタニウインターウィルジャケット『モニターレポート』2/2 クルマもバイクも「ベンツ」が元祖だった 世界初&日本初のモーターサイクル誕生秘話
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP