用品・グッズ

カンタン設定&操作に定評アリ!! B+COM・ONE/SB6X

まだインカムを使ったことがない人や比較的初期に導入した人は、「インカムは設定が難しい」と思いがちだ。
しかし、1台を操作するだけで全機のペアリングが完了する「B+LINK(ビーリンク)」を搭載したB+COM(ビーコム)の最新機種、B+COM ONEなら、デジタル機器の設定が苦手な人でも安心。

B+COM ONEのマイクはオープンフェイスヘルメットなどに最適な写真のアームタイプと、フルフェイスヘルメットに適したワイヤータイプでパッケージが異なる。

しかもシリーズのスタンダードモデルながら、6人同時通話や旧モデルとも接続できるユニバーサル通話機能、左右独立のハイパワーアンプ&高音質スピーカーを標準装備するなど、性能はすでに販売されている上位機種のB+COM SB6X譲りなのだ。

上下2つのボタンと、ボリュームダイヤルを兼ねたデバイスボタンによる優れた操作性はハイエンドモデルのB+COM SB6X譲り。B+LINK接続時はどれか1台がボタン操作を行うだけでグループ通話を始められるなど使い勝手は抜群。

ちなみにインカムを実際に使っている人に話を聞くと、仲間との通話だけでなく、意外にもソロツーリングで重宝するのだという。
理由は「音楽を聞いたり電話を受けられるから」らしい。音質に優れるB+COM ONEなら、電車での通勤や通学中にスマホで音楽を聞くように、愛車に乗っているときも好きな音楽を聞きながら気持ち良くツーリングできる。

SB6X同様、スピーカーには高磁力ネオジムマグネットを採用。サウンドのクオリティにこだわるのもB+COMの特徴と言える。もちろん、単に音がいいというだけでなく通話時の明瞭さでも差が付く。

視覚的に各種設定や状態の確認ができ、インカムの操作や音楽再生も可能なスマホアプリ「B+COM U Mobile APP」にも対応予定。


 

SB6Xとの違い

B+COM ONEとSB6Xの最大の違いは、搭載されるブルートゥースチップの数。SB6Xは2つのチップを搭載しているため、スマホなどで音楽を聞きながらインカム通話が行える「聴きトーク」に対応しているのだ。
バッテリー容量も大きく、インカム通話12時間/音楽再生14時間のONEに対し、SB6Xのインカム通話/音楽再生時間はそれぞれ16時間/18時間。その分、本体はひと回り大きく、重さもONEよりも17g重くなる。

左がB+COM ONEで、右はB+COM SB6X


 

B+COM ONE DATE ※[]内はB+COM SB6X
サイズ●H42.1[45.7]×W94.8[106]×D23.2[24.9] ㎜(アンテナ部分除く) 重量●43[60]g 防水性能●IP67相当 最大通話可能人数●6人 連続使用時間●インカム通話:最大12[16]時間、携帯通話・音楽再生:最大14[18]時間 価格●2万9700円[3万8280円]

 

CONTACT

問い合わせ先サインハウス
電話番号TEL:03-5483-1711
URLhttps://sygnhouse.jp/

おすすめ記事

年間販売予定台数の約130%を既に受注、ホンダADV150が好調なスタート 利用特典も見逃せない!! ダイネーゼのレンタルスーツに新たに女性用が追加 CB125R/CB250Rの快適性向上にはこれ! HURRICANEのおすすめアイテム8点
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP