用品・グッズ

夏に最適な最新型インナープロテクター! 4R・リリーブ インナープロテクターシリーズ

[PR] sponsored post

キジマが手掛けるライディングウエアブランドで、こだわりを持つオトナライダーのため、ライディングの安全性向上をテーマに、誠実かつ基本に忠実なモノ作りを続ける4R。
製品群のうちプロテクター系となるRELIEVE(リリーブ)には様々なアイテムが用意されているが、夏に向けて注目したいのが、メッシュ素材を採用したインナープロテクターのシリーズ。

RELIEVE PROTECTOR VEST
胸部パッドを避けるため左側にオフセットされたフロントファスナーや体にフィットさせるためのウエストベルトを装備。アウターとして着ることも想定して、背中にはリフレクターも採用する。価格:1万3200円、サイズ:M、L

一般的に、ライディングウエアのプロテクターはアウターに内蔵されているものだが、同品はプロテクター付きのインナーなので、その上からアウターを重ねることになる。
つまり、普段使いしている薄手のジャケットやジーンズを、ライディング時に安心して着用できるようになるというわけだ。

同品に使用されるプロテクターたち。ベストの脊椎部とエルボー&ニープロテクターには、欧州CE規格をクリアするウレタンプロテクターを採用。ベストの胸部とパンツの各部には、薄型でも優れた衝撃吸収性を発揮する高発泡特殊EVAパッドが使用されている。

RELIEVE ELBOW
価格:3740円(左右セット)、サイズ:フリー

ベースとなるメッシュ素材は通気性に優れ、さらに吸汗速乾機能もあるため、暑い時期でも快適。パンツはロングとショートがあり、後者とニープロテクターを組み合わせればさらに保護性能が強化される。
薄着で乗りたい夏だからこそ、用意しておきたいアイテムだ。

RELIEVE INNER PANTS SHORT
伸縮性と吸汗速乾性にも優れるメッシュ素材が、通気性だけでなくカラダへのフィット性や運動時の追従性も高め、アウターとの摩擦を減らす効果を発揮。腰骨横部とヒップまわりに(ロングタイプはヒザにも)、ソフトプロテクターを内蔵している。価格:6820円(ロングタイプは7700円)、サイズ:S、M、L、LL、BL、B2L

RELIEVE KNEE
価格:4620円(左右セット)、サイズ:フリー

CONTACT

問い合わせ先 キジマ
電話番号 03-3897-2167
URL www.tk-kijima.co.jp/
  1. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  2. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  3. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  4. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  5. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  6. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  7. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  8. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  9. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  10. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  11. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

実はこんなに簡単!? 素材別、革ブーツのメンテ道 冬のライディングを快適にするコミネの薄型電熱ベスト タイの教習所は日本よりも実技が簡単すぎる!? いきなり公道で運転させるタイの運転免許取得への道

カテゴリー記事一覧