用品・グッズ

ディスプレイに後方視界を表示! 次世代型ヘルメット「クロスヘルメットX1」が国内クラウドファウンディングでスタート

リヤカメラの映像をヘルメット内に表示

360度の視界を手に入れることができるのみならず、サウンドコントロールシステム搭載を搭載した次世代スマートヘルメッ ト「クロスヘルメットX1」が、5月20日から「マクアケ」にてクラウドファンディングキャンペーンを開始しました。

クロスヘルメットX1はバイク用ヘルメット業界初となる専用設計の双眼式HUD(ヘッドア ップディスプレイ)と超広角リアカメラを備え、前方と後方合わせて360度の視界をライダーにもたらしてくれというヘルメットです。

ヘルメット後部に設けられたリヤカメラ。専用設計された超広角カメラで170度のエリアをカバーします

また、2.4GHzワイヤレス接続機能を搭載し、スマートフォンとの連携を行うことも可能で、iOSかAndroidの専用アプリを使用し、HUD上にナビゲーション情報や到着予想時刻、天気予報、通信状況などの情報を表示することができます。

ヘルメットの視界上部にあるヘッドアップディスプレイへ後方の映像が映し出されます。また、ナビゲーションの情報などを表示することが可能です(プロモーション映像より)

さらに、スピーカーも内蔵されており、音楽やラジオを聞けるだけでなくライダー同士のグループトークも可能という、まるでSF映画に登場するアイテムのような機能も備えています。

ヘルメット自体の安全性能は、北米規格DOTに準拠、欧州ECE、日本JIS規格認証を進行中で、その他各電波法令にも準拠しています。

そして、上の写真のように、クロスヘルメットX1はデザインも大きな特徴なのですが……それもそのはず。
開発・販売を行う株式会社Borderlessは、ヤマハ発動機のモーターサイクルデザインを担当するGKダイナミックスに所属していた工業デザイナー・大野 新さんによって設立された企業なのです。
(大野さんはGKダイナミックス所属時にはMT-09、FJR1300、YZF-R1などのデザインに携わっています)

クラウドファウンディングで販売開始

クロスヘルメットX1のプロジェクト自体は2014年から開始されており、2017年の海外クラウドファンディングキャンペーンにて目標金額の300%を達成。
その後、量産に向けた開発を進め、国内販売に向けた体制を整ることを目的とし、国内でのキャンペーン開催される運びとなったのです。
*一般販売価格は18万9000円ですが、5月20日から60日間のキャンペーン期間中は個数限定で最大25%オフの応援価格での購入が可能

サイズはMサイズ(58~60cm)、L サイズ(61~62cm)をラインアップ。クラウドファウンディング支援者向けの出荷開始時期は、2020年11月中旬が予定されています。

https://www.makuake.com/project/cros_helmet/
https://crosshelmet.com/jp

まとめ●モーサイ編集部・上野 写真●クロスヘルメット

おすすめ記事

【最新ウエアカタログ】機能性とカジュアルさを両立! KUSHITANI・ベクトルジャケット 「アジア製品=安いだけ」はもう古い!台湾二輪メーカーSYMの輸入を再開したその理由とは カッコよく、使い勝手も良し! PLOTカスタムのヤマハバイク 【快適ライディングウエア探求】基本を押さえた堅実なモデル フラッグシップのURBAN RIDE MESH JACKET ドゥカティのバイクを購入してオリジナルヘルメットをもらおう 【EVENT】「カワサキモーターサイクルフェアRE:WIND」でカワサキの歴史に触れる
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP