新製品

13点のパーツは全て市販化予定 ホンダ自らダーク&クールなホンダCB650Rのカスタムを提案

3月27日に開設された「Hondaバーチャルモーターサイクルショー」の公開と同時に披露された、CB650Rのカスタマイズ装着車。メーカー自ら、大胆なカスタム例を提案している。
東京モーターショー2019に展示された「CB1000Rカスタマイズコンセプト」同様のダーク&クールなイメージにまとめられているが、コチラのパーツは市販化が決定している。

エキゾーストパイプからサイレンサーまでつや消しブラックに統一されたモリワキ「クロスショートフルエキゾースト」(19万5800円)

モリワキ製パーツを中心にまとめられており、マットブラック仕上げの精悍なフルエキゾーストはモリワキ「クロスショート」。CB650Rのオリジナル外観を損なわないショートタイプのマフラーデザインで、性能と音量規制を両立しているのはモリワキならでは。
このほか、左右のクランクケースガード、バックステップキット、フェンダーレスキット、ブレーキマスターシリンダーキャップがモリワキのパーツとなっている。

エキゾーストパイプの下にはモリワキ「クロスショットエキゾーストガード」(1万6500円)、エンジンには「クランクケースガード」(右:3万1900円、左:3万250円)

モリワキ「バックステップキットBK」(6万3800円)

モリワキ「フェンダーレスキット」(3万3000円)

ハンドルまわりはデイトナ製のクリップオン風ハンドル+バーエンドミラーでガラリと雰囲気を一変。
アルミ製のサイドカバー、フェンダーパネル、シュラウドカバーはホンダ純正アクセサリーで、タンクパッドもホンダ純正アクセサリーを使用。
TSコーポレーション製のシートは側面をブラウンとしたツートーン。座面にはタックロールが施され、スタンダードとは表情が異なったクラシカルなイメージにまとめられている。

ハンドルはデイトナ「ロードステアリング」(2万2000円)、ミラーはデイトナ「ハイサイダーバーエンドミラー」(9910円)

TSコーポレーションの「カスタムシート」は価格未定

アルミヘアライン仕上げの「アルミニウムサイドカバー」(2万6400円)、「アルミニウムシュラウドカバー」(2万6400円)、「アルミニウムフロントフェンダーパネル」(2万6400円)はホンダ純正アクセサリー

また、車両にあわせたダーク&クールなライディングギアの提案も。
MA-1風デザインの「ライディングブルゾン」、「ウインドプルーフストレッチデニム」、「ステルスグローブ」、「エンジニアブーツ」はホンダ純正ライディングギア。
ヘルメットはSHOEI「EX-zero」に、100%のゴーグル「Barstow-gasby」の組み合わせ。ハードな天板の付いたバッグはPoint65の「ボブルビー 25L gtx ファントム」。

ホンダ「ライディングブルゾン」(3万円)、Point65「ボブルビー25L gtx ファントム」(4万700円)

ホンダ「エンジニアブーツ ブラック」(3万1900円)、ホンダ「ステルスグローブ ブラック」(1万780円)

SHOEI「EX-zero ブラック」(4万1800円)、100%「Barstow-gasby」(1万4300円)

まとめ●モーサイ編集部 写真●山内潤也/モーサイ編集部

世界初公開「ホンダ CB-Fコンセプト」 モチーフはむしろスペンサーの#19 CB750Fレーサーか

カスタマイズモデルを展示する意味とは? ホンダが東京モーターショーでダーク&クールなCB1000Rを展示

  1. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  2. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  3. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  4. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  5. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  6. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  7. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  8. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  9. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  10. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  11. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

CB125R/CB250Rの快適性向上にはこれ! HURRICANEのおすすめアイテム8点 「コレが欲しかった!」【ハリケーン】のカスタムパーツで作る……「ハヤブサ」の最適ライポジ、「MT-09/SP」のスクリーン装着&フェンダーレス仕様 SHOEI Z-7に海をイメージした個性的なグラフィックモデルが登場

カテゴリー記事一覧