用品・グッズ

【バイク保管パーフェクトツール】カバー掛けの面倒を構造で解決! バイクカバー・ハヤワザ

掛けやすい形と各部の工夫で愛車をイージーに包み込む

必要だと分かっていても面倒なもの、それがバイクカバーだ。軽くて柔らかい生地は車体のあちこちに引っかかるため前後に移動しながら掛けなければならないし、風が強いとあおられることもある。
そんな面倒な作業をアイデアで大幅に簡略化したのが、このハヤワザだ。そのアイデアとは、裾に金属製のチェーンを内蔵したこと。その重みで生地が自然と垂れ下がるため、わざわざ下ろす必要がなく、カバーが車体に引っかかっても軽く振るだけで外すことができる。

チェーンの重みが強風でカバーがめくれ上がるのを防止。裾をすぼめるリヤフィット調整ベルトも備えており、センターバックルを必要としないのも特徴だ。

業界初採用となるTPUラミネート生地と縫い目の止水加工により1万mm以上の耐水圧を実現。カバーの前後にはチェーンロックを通すスリットも備わる。

このチェーンが重しとなり、強風による生地のバタつきを防いでくれるのもポイント。“軽いから掛けやすい”というこれまでのバイクカバーの常識を覆した、画期的なアイテムだ。

かぶせ方は簡単3ステップ

1.投網のように前輪前に落とす
ハンドルが掛かる部分にあるベルトを持ち、チェーンの重みを利用して愛車の前に垂らす。

2.持ち手を離して後方へ伸ばす
生地を後方に広げ、ハンドルの辺りでベルトを離し、車両後方までカバーを被せる。

3.後部ファスナーを閉じて完成
カバーをリヤタイヤまで被せたら後部のファスナーを閉じる。わずかか10秒ほどで完成だ。

外すときも簡単。まず後部のファスナーを開き、カバーを後方から前に向かってまくり上げてから、最後にベルトを持って持ち上げればいい

底面付きの包容力が魅力:FOR-BIKE FULL COVER

掛け外しに多少手間がかかってもより高い保護性能が欲しければ、底面の上にバイクを載せて愛車をすっぽりと覆うFOR-BIKE FULL COVERがオススメ。地面からの湿気の侵入も防げる。

底面の矢印に沿ってバイクを載せる必要があるので、工程数はやや多いが掛け外しは簡単だ

バイクを包み込むように保護できるのがこのカバーの特徴。上面には通気口も備わる

なお、価格はいずれもオープンで、色はハヤワザがブラック、フルカバーがシルバーとなる。サイズはいずれもL(250〜400ccスポーツ、250〜750ccネイキッド)、2L(600〜1400ccスポーツ、250〜650ccビッグスクーター、800〜1300ccネイキッド)、3L(400〜1500ccアメリカン)、4L(ゴールドウイングなどツアラーやアメリカン、ビッグスクーターのトップケース付き)の4種類。
※この記事はMotorcyclist2020年3月号に掲載されていたものを再編集しています。

CONTACT

問い合わせ先 大久保製作所
電話番号 0790-62-0358
URL http://www.yama-maruto.com
  1. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  2. Honda E-Clutchが誕生するまで。便利さと楽しさを追求し続けるホンダ2輪用オートマチックの歴史

  3. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  4. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  5. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  6. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  7. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  8. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  9. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  10. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  11. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  12. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

「コンパクトジャンプスターター エナジャンパー」が【CIEL】から!出先でのバッテリー上がりを簡単カイケツ! 加速GはGT-R超え? 価格は86以下!? 国産スポーツバイクの凄まじき加速ランキング 『モーターサイクリスト』9月号は8月1日発売!! 付録はオリジナルバンダナ

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション