用品・グッズ

ホンダ レブルシリーズの利便性とクールなスタイルを両立するキジマのカスタムパーツをチェック!

[PR] sponsored by キジマ

良好な足着き性と扱いやすいエンジン、シンプルで都会的なルックスが幅広い層に人気のレブルシリーズ。キジマのカスタムパーツを装着すれば、そんなレブルのスタイリングを崩さずに利便性や快適性をアップできる。

今回カスタムに使用したアイテムはブラック系カラーがメインで、レブルの持つシックな雰囲気を生かしている。それでいてフォグランプやテールランプといった灯火類はしっかりと存在感を主張し、ダイヤモンドカットが施されたシートやTECHミラーがさりげなく高級感を感じさせる。

品良くカスタムされた車両は、アーバンスタイルのバイクを求める若者から落ち着いた大人のライダーまで幅広く好まれるだろう。

なお、フォグランプキットやエンジンガードなど一部を除きほとんどの製品は250/Sエディション、500に適合する。

フォグランプキット(Sエディション用)

価格:4万700円(イエロー発光)、3万7400円(ホワイト発光)

夜間や霧中での安全性の向上は無論ドレスアップにも効果的なフォグランプは、ブラケットなど装着に必要な品が一式付属。手元のスイッチはオン/オフがひと目で分かる仕様

ハンドルバー

価格:9460円

ハーレーダビッドソン用ハンドルバーとして好評を得ているキジマ製の「XLXスタイルバー」をレブル用にアレンジした製品。スチール製で、純正に比べグリップ位置が約65mm手前になる

リーチタイプシート ダイヤモンドカット

価格未定

発売中のプレーンに加え、ダイヤ柄のシートを開発中。座面を厚くしてポジションを前に移動させ、着座時のホールド感や足着き性を向上。カラーはブラウンとブラックを用意

バッグサポート

価格:1万6500円(左右セット)、8800円(左側のみ)

サイドバッグ装着時にホイールへの巻き込みを防ぐサポート。車種専用設計で、バッグ未装着時も車体になじむデザイン。カラーも車両に合わせたマットブラックを採用する

クランプ式フロントウインカーステー

価格:1万1000円

Nanoシリーズのランプが装着できるクランプ式ウインカーステー。取り付け径は幅広い車種に対応する41mmおよび39mm。配線通し加工済みなので、洗練された見た目になる

LED Coreテールランプキット

価格:1万9800円

スチール製の本体、LEDランプ、LEDナンバー灯、リフレクター用ベース、ハーネス類同梱のキット。ボルトオン設計で、純正ウインカーの併用が可能。ランプサイズはφ85mm

OTHER ITEMS

エンジンガード(250/Sエディション用)
1万5950円

エンブレムステー(純正エンブレムは別売り)
3520円

フォークブーツ
4730円

タンデムグリップ
1万6500円

マウントバーステー
6600円

スマートディスプレイ SD01
3万5200円

USBポートキット
6600円

ウインカーランプNano3 ブレットスタイル
1万5400円(2個セット)

ウインカーステー ナンバーサイド
1980円

ヘルメットロック
3960円

グリップヒーターキット GH07
2万2000円

ETCケース取り付け用ステー
3300円

K3 タクティカルETCケース TC01
2860円

K3 タクティカルツールバッグ TC03
7920円

TECH11ミラー オーバルエッジ バーエンドマウント
1万2100円(片側1個)


report:編集部 photo:長谷川拓司

お問い合わせ

キジマ
TEL:03-3897-2167

https://www.tk-kijima.co.jp/

  1. 最も乗りやすい大型スポーツバイク?『CB1000R』は生粋のSS乗りも納得のストリートファイター

  2. アパレルデザイナーが語る『CT125・ハンターカブ』。ワークブーツのようにタフでオシャレなバイク

  3. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  4. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  5. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  6. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  7. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  8. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  9. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  10. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

最大50%OFF!の「LIMITED SALE」をカワサキプラザが開催!ライディングウエアなどのアパレルを狙うなら今だ! Z900RS Z900 カワサキ 50周年 入手困難の悲鳴続出!Z900RS、Z900、Z650RS「Z50周年モデルはまだ買えるのか?」 【遙かなるグランプリへ1】無謀と言われた挑戦 ホンダがマン島TTを制するまで(前編)

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション