用品・グッズ

涼しいフルフェイス【Kabuto】「SHUMA」シリーズに、カラーリングモデルの「TREAD」3色が追加!36,300円

■「SHUMA TREAD」 ブラックレッド

高い空冷性能をイメージしてのデザイン

ヘルメット大手の株式会社オージーケーカブトは、優れたクーリングシステムで高い快適性を実現した「SHUMA(シューマ)」に、新たなグラフィックモデル「TREAD(トレッド)」を追加した。
「SHUMA」は帽体のシェル表面にさまざまなライン(突起)があり、デザイン上の制約が多そうなモデルだが、「TREAD」の配色はその表面のラインと調和がとれていて違和感がない。カブトでは「ヘルメット内部のエアレーションをイメージさせたグラフィック」としている。
「SHUMA」シリーズは、軽量コンパクトでスタイリッシュなフルフェイスヘルメット。低速域から風を感じられるようにウルトラクーリングシステムを設計。フロントトリプルレイアウトのヘッドベンチレーションと、風が通り抜ける新感覚のフィッティング内装「HEXA-PAD」による「ウルトラクールシステム」を搭載。加えてヘルメット内部への熱伝導を低減させる赤外線(IR)カットシールドを採用。走り出した瞬間から涼しさを感じられるようになっている。

「SHUMA TREAD」 ブラックレッド
「SHUMA TREAD」 ブラックグリーン
「SHUMA TREAD」 ブラックホワイト

○「SHUMA TREAD」製品概要
カラー:ブラックレッド、ブラックグリーン、ブラックホワイト
サイズ:XS(54-55cm)/S(55-56cm)/M(57-58cm)/L(59-60cm)/XL(61-62cm)
規格:JIS
標準シールド:CF-1W UICシールド(UICクリア) ※Pinlock® Original Insert Lensは別売
同梱品:ウィンドシャッターNo.7
発売:2024年6月下旬
価格:36,300円

「SHUMA TREAD」 ブラックレッド
「SHUMA TREAD」 ブラックレッド
「SHUMA TREAD」 ブラックレッド

レポート●モーサイ編集部 写真●カブト

CONTACT

株式会社オージーケーカブト
https://www.ogkkabuto.co.jp/

  1. 最も乗りやすい大型スポーツバイク?『CB1000R』は生粋のSS乗りも納得のストリートファイター

  2. アパレルデザイナーが語る『CT125・ハンターカブ』。ワークブーツのようにタフでオシャレなバイク

  3. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  4. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  5. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  6. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  7. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  8. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  9. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  10. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

愛知最高峰の山麓を行く〜茶臼山高原道路の走り方〜 スーパーカブC125で東京湾「無数の島」を走る!! 信号がないから安全? ツーリング先などで見かける丸い交差点「ラウンドアバウト」の正しい走り方

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション