用品・グッズ

スタイリッシュなだけじゃないタフ&ハードに荷物を守る【HARD WORX バイク用アルミトップケース】

[PR] sponsored by ライズ

気軽に使えるソフトバッグはツーリングになくてはならないアイテムだ。しかし保護性能ではハードケース、特に金属ケースにかなわない。防水性が高いから急な雨でも慌てなくていいし、ロック機能があるのでセキュリティ面でも安心できる。ネックは価格。中型シートバッグが2万〜3万円なのに対し、海外有名メーカーの金属ケースは5万〜10万円ほどする。もし価格が手頃なら金属ケースを使いたいというライダーは少なくないはずだ。

バイク用ケース/バッグブランド、ハードワークスの金属ケースは、これまでの“金属製ハードケース=高価”というイメージを覆す3万〜5万円という価格が特徴。トップケースのラインアップはふだん使いにも適した25Lからキャンプにも対応する65Lまで6サイズで、いずれもアルミ製の本体に樹脂プロテクターを装備。X形状や「HARD WORX」のロゴをかたどったリブも入る。カラーはブラックとシルバーの2色だ。

注目は新製品の40Lモデル。ヘルメットが入るタイプではシリーズ最小で、今回は荷台が大きなCT125・ハンターカブに装着したが、縦長なのでもっとスリムなバイクにもマッチするだろう。4万円以下という価格は、初めての金属ケースとしてもお薦めできる。

バイク用トップケース HXNE40/HXNE65 の主な機能とスペック

HXNE40 40L バイク用 アルミトップケース
HXNE65 65L バイク用 アルミトップケース

ベースプレートが標準で付属

HXNE40のベースプレート(左)とHXNE65のベースプレート(右)

ハードワークスのトップケースはリヤキャリヤなどに取り付けるベースプレート(ステー)が標準装備されている分、買い得と言える。なお、従来の5つのモデルと新製品の40Lモデルではステーの形状が異なり、互換性がないので注意しよう。

厚手の内装で荷物を保護

内装は触ると“フカフカ”と感じるほど厚みがある

ハードケースに荷物を入れると、走行中の揺れや振動などで擦れ、傷がつくこともある。その点、ハードワークスのケースは取り外し可能な4mm厚のクロロプレン製内装を標準装備しているので安心。

小物収納に便利な内ポケット付き

蓋の裏には小物を収納するのにちょうどいいポケットを装備。写真は新製品の40Lモデルで、従来型はメッシュの分割タイプとなる。

本体も荷物もがっちりロック

鍵を回して鍵穴を縦方向にすると、ロックが完了

ベースプレートに本体を固定するためのバックルと蓋のバックルいずれも頑丈な金属製。どちらも同じキーでロックできる。

荷物が増えても安心

便利な荷掛け用フック

アルミ製ケースの角に傷がついたり凹むのを防ぐため、樹脂プロテクターを装備する。上部のプロテクターには荷掛用のフックが備わるので、ネットやコードを用意すれば蓋の上に荷物をくくりつけることも可能だ。

荷掛用フックは全部で8つ

スペック

HXNE40 40L バイク用 アルミトップケース
  価格:3万8500円
  カラー:ブラック、シルバー
  サイズ:H337✕W316✕D440mm
  容量:40L

HXNE65 65L バイク用アルミトップケース
  価格:4万2900円
  カラー:ブラック、シルバー
  サイズ:H325✕W575✕D395mm
  容量:65L

こちらもオススメ!【RTS07 ハードシェル スリム シートバッグ】

リヤシートが小さくても積載できる

「街乗り中心なのでもっとライトなバッグがいい」というライダーには、雨具を入れても余裕があり、日帰りのショートツーリングまで使えるこちらのシートバッグはいかがだろう。撥水性のあるハードシェルを上面に採用し、持ち歩くのに便利なハンドルも装備。レインカバーとショルダーベルトも付属する。

付属のショルダーベルトとレインカバーのほか、飲み物、工具を入れたところ。スマホや財布なども入れる余裕がある
付属のベルトでバックパックにもなる
持ち歩きに便利なハンドル付き
もちろんレインカバーも付属

RTS07 ハードシェル スリム シートバッグのスペック

価格:8690円
カラー:ブラック
サイズ:D300mm
重量:600g

report●片倉義明 photo●舞草 壮

CONTACT

ライズ
☎045-628-9666
https://ridez.jp/

  1. 最も乗りやすい大型スポーツバイク?『CB1000R』は生粋のSS乗りも納得のストリートファイター

  2. アパレルデザイナーが語る『CT125・ハンターカブ』。ワークブーツのようにタフでオシャレなバイク

  3. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  4. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  5. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  6. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  7. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  8. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  9. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  10. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

ロッシ・チームのデザインを採用するアパレルコレクション 【大人レゴ】の「ヤマハ MT-10 SP」は総ピース数1478! 発売日当日の最速組み立てに、レゴ好き中学生が挑戦! 日本初公開クルーザー「スーパーメテオ650」は初倒立フォーク、初LEDヘッドライト……【ロイヤルエンフィールド】が急激変化! [東京モーターサイクルショー2023]

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション