用品・グッズ

拡幅機能付きで快適に多様な泊まり旅をアシスト【K3 タクティカルシートバッグ】

[PR] sponsored by キジマ

キャンプ対応をうたうシートバッグの多くはテントなど長尺物を積めるよう横幅が60cmほどあり、装着時の車体からのはみ出しが大きい。しかしK3のキャンプ対応バッグ、タクティカルシートバッグTC07Aの幅は48cm。はみ出しが少ないうえ底面には型崩れ防止プレートも備わるので、“キャンプ以外のツーリング”では特別な工夫をせずとも安定した装着が可能だ。スクエア形状とすることで長旅でも余裕がある50Lの容量を確保し、キャンプにはバッグ本体の拡幅機能(左右各7cm)で対応。この拡幅部分の底面にもプレートが備わるから、幅が広がっても安定感が損なわれない。

機能的な装備にも注目したい。個性的なミリタリールックを作り出しているのがMOLLE(モール)と呼ばれるウェビングテープで、PALS(パルス)対応の汎用ポーチなどを簡単に取り付けられる。軽量な荷物なら上部のフラップやベルト、クロスコードに固定でき、市販のネットなどを掛けられるDリングも多数装備。さらに、本体左側にはペットボトルホルダーも備わる。使わないときは薄く畳んでおけるのも有り難い。

キャンツー向けのシートバッグはほかにもたくさんある。だが、タクティカルシートバッグTC07Aなら、キャンプも、キャンプではない旅も快適にこなせるわけだ。

キャンプツーリングにオススメ【TC07A】の主な安心・便利機能とスペック

本体を拡幅すれば60cm程度の長尺物も収納できるが、それでも入らないマットなどは上部のクロスコードにくくりつけよう。内部へは上面だけでなく背面や左右からアクセス可能で、左右の扉には開きすぎを防ぐストッパーベルトも備わる。大型ループを採用したファスナーは市販の南京錠を取り付けられる。

長尺物は上部のクロスコードへ取り付けられる
両サイドからも荷物にアクセスできる
ファスナーは大型ループ付きなので、市販の南京錠も使用できる

スペック

価格:2万9920円
カラー:ブラック、オリーブグリーン
サイズ:H320✕W480〜620✕D320mm
容量:50〜65L
重量:3.7kg
最大収納重量:14kg

ロングツーリング/〜1泊にオススメ【TC-06A】の主な機能とスペック

TC06Aは日帰りや1泊程度のツーリングに向く中型バッグ。TC07Aを小さくしたようなシルエットで、左右に拡幅して容量を拡大可能なのも同じ。サイドアクセスはないが、上面に加え背面からも荷物を出し入れできる。

左右と前面のほか上面フラップの広い面にもモールを装備。対応の大型ポーチなども装着しやすい

スペック

価格:1万9800円
カラー:ブラック、オリーブグリーン
サイズ:H310✕W340〜470✕D230mm
容量:25〜33L
重量:2.3kg
最大収納重量:11kg

シートバッグと併用すればさらに便利!【タクティカルサイドバッグ/ツールバッグ】とスペック

TC04 タクティカルサイドバッグ/TC02 タクティカルサイドバッグ/TC03 タクティカルツールバッグ(左から)

タクティカルシートバッグと同じデザインテイストを採用した2種類のサイドバッグと、より小型のツールバッグもラインアップ。サイドバッグはY字形ベルトをシートに巻き付けて装着するほか、キャリヤやフレームにも取り付けられる。ツールバッグは付属のベルトを使えばショルダーバッグにもなる。

スペック

TC04 タクティカルサイドバッグ
  価格:1万2100円
  カラー:ブラック、オリーブグリーン
  サイズ:H300✕W440✕D120mm
  容量:16L

TC02 タクティカルサイドバッグ
  価格:8580円
  カラー:ブラック、オリーブグリーン
  サイズ:H300✕W350✕D120mm
  容量:13L

TC03 タクティカルツールバッグ
  価格:7920円
  カラー:ブラック、オリーブグリーン、ネイビー、レッド
  サイズ:H160✕W250✕D120mm
  容量:4.3L

report●片倉義明

CONTACT

キジマ
☎03-3897-2167
https://www.tk-kijima.co.jp/

  1. 最も乗りやすい大型スポーツバイク?『CB1000R』は生粋のSS乗りも納得のストリートファイター

  2. アパレルデザイナーが語る『CT125・ハンターカブ』。ワークブーツのようにタフでオシャレなバイク

  3. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  4. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  5. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  6. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  7. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  8. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  9. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  10. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

エリミネーター SE カワサキ 1988  カワサキ初代エリミネーターの謎「なぜドラッグレーサースタイルで、なぜシャフトドライブだったのか?」 カワサキが2020年鈴鹿8耐への参戦体制を発表 ただの味わい系バイクじゃない。 新型『HAWK 11 (ホーク 11)』に感じる大型バイクの新境地【HAWK 11に、乗る /試乗インプレ・ファーストレビュー 前編 】

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション