用品・グッズ

【新刊紹介】「日本のオートバイの歴史」二輪車メーカー興亡の記録<増補三訂版>発売

長きにわたりオートバイの研究・調査に携わった著者による、名著!の増補版

最盛期には零細なものも含めて、120社以上あったと言われる日本のオートバイメーカー。

各メーカーが、技術的にも経営的にも、文字通り“食うか食われるか?”の格闘を演じた1950~1960年代を経た後、やがてホンダ、ヤマハ、スズキ、カワサキの4社が中心となり、世界を制覇するまでに成長することになる。

まさに戦国時代などに比べても決して見劣りのしない、この“興亡ドラマ”の足跡を、大学で教鞭をとりながら、その研究・調査に携わった著者であり東京大学名誉教授の富塚 清氏が、わかりやすく紹介したのが「日本のオートバイの歴史」(副題:二輪車メーカー興亡の記録)。

今回刊行されたのは、2001年刊行の同書に、新たに当時の製品カタログなどを使用したカラー口絵(24頁)を収録した増補三訂版である。定価3850円で、三樹書房から7月5日に発売される。

【書籍データ】
本題:日本のオートバイの歴史<増補三訂版>
副題:二輪車メーカー興亡の記録
著者:東京大学名誉教授 富塚 清(とみづか・きよし)
発行:三樹書房
体裁:A5判・上製・264頁/(カラー24頁)
定価:3850円(本体価格3500円+税10%)
発売:2024年7月5日

まとめ●モーサイ編集部

CONTACT

三樹書房 TEL03-3295-5398
https://www.mikipress.com/

  1. 最も乗りやすい大型スポーツバイク?『CB1000R』は生粋のSS乗りも納得のストリートファイター

  2. アパレルデザイナーが語る『CT125・ハンターカブ』。ワークブーツのようにタフでオシャレなバイク

  3. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  4. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  5. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  6. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  7. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  8. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  9. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  10. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

【釣りツーリングに行こう!】1釣目:茨城県那珂湊港で年始早々ボラを釣る モトサービスエッジ 土方のトラブルから考える二輪車メンテVol.3「無意識が引き起こすギヤの異常摩耗」 【ARAI SPIRIT】アライヘルメット「ものづくり」の真髄-1

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション