用品・グッズ

【KNOX】「EDAバックパック」にはライダーのための機能がいっぱい!PCもヘルメットもドリンクも、全部まとめて収納!

■「EDAバックパック」

ライダーが欲しい機能をコンパクトサイズで実現

株式会社ジャペックスは英アパレルメーカー【KNOX(ノックス)】による新製品「EDA(Everyday Adventure)バックパック」の販売を開始する。
「EDAバックパック」はアドベンチャーライダーのために設計されたシックで機能的なバックパック。こだわりの多機能でツーリングや小旅行にぴったりの製品となっている。
メイン収納部はスーツケースのように大きく横に開く。荷物の出し入れがスムーズに行え、どこに何があるかが一目瞭然。パッキングもしやすい。背面にはクッション素材で保護されたPC収納スペースを完備。ヘルメットを収納できる収納カバーも確保していて、ツーリング中のライダーにはとても便利に使える。

「EDAバックパック」

○「EDAバックパック」製品概要
・商品に皮革は使用していない。
・モノクローム迷彩ポリエステルジャカード生地には、撥水加工が施されている。
・耐久性のある600デニールのキャンバス生地には、再生PVBレザーを使用。
・バッグの底部には衝撃保護のためのMicro-Lockプロテクションを搭載。
・リフレクトプリントが施された、伸縮性のあるナイロン製防水カバーを付属。
・アクセスが簡単なフロントポケットは、鍵、書類、貴重品の収納に便利。
・サイドにはメッシュ製ボトルポケット付き。
・前ポケットには、ヘルメットキャリア付き。
・夜間の視認性を高めるリフレクター付きのフロントポケット、ショルダーストラップ。
・サイズ 高さ46cm×幅29cm×奥行19cm
・容量 25L
・重量 1.6kg
・希望小売価格 26,400円

「EDAバックパック」 サイドにメッシュのドリンクホルダー。ストラップにリフレクター。
「EDAバックパック」 スーツケースのように左右に展開して大開口。
「EDAバックパック」 PCを優しく収納。

レポート●モーサイ編集部 写真●ジャペックス

CONTACT

株式会社ジャペックス
https://www.japex.net/

  1. 最も乗りやすい大型スポーツバイク?『CB1000R』は生粋のSS乗りも納得のストリートファイター

  2. アパレルデザイナーが語る『CT125・ハンターカブ』。ワークブーツのようにタフでオシャレなバイク

  3. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  4. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  5. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  6. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  7. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  8. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  9. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  10. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

ロイヤル アロイ TG ランブレッタ 【ロイヤル・アロイ詳細解説】イギリスからやってきた「鉄スクーター界」のニューブランド! 125ccを4種ラインアップ 【NEWS】クシタニカフェ2店舗にてカワサキ車両の特別展示が決定!! 「最近のバイクは重い」はウソ!? 今と昔では車両重量の表し方が「乾燥重量」と「装備重量」で違うのだ!

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション