用品・グッズ

「ヨシムラ SERT Motul」チームの応援グッズが発売!鈴鹿8耐で身につければ、気合いと楽しさは倍増だ!

■「2024ヨシムラ鈴鹿8耐グッズ」受注開始

熱い応援を!

バイク用品大手の株式会社ヨシムラジャパンは、「2024 FIM世界耐久選手権“コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース第45回大会」(2024年7月19日〜21日開催)に向け、「ヨシムラ SERT Motul」チームの応援グッズを発売した。
ファンはみんなでTシャツを着て、腕輪を着けて、扇子を振って、ヨシムラチューンのスズキGSX-R1000Rと、グレッグ・ブラック、エティエンヌ・マッソン、ダン・リンフット、そして渥美 心を応援するのだ!

<購入について>
2024年6月24日午前10時まで、ヨシムラジャパンWebサイトのみの販売商品となる。
2024年6月22日開催予定の「第61回ツーリングブレイクタイム 鈴鹿8耐直前スペシャル」でも購入できる。
※2024年7月19日~7月21日までの間、鈴鹿サーキットグランプリスクエア内のヨシムラオフィシャルショップでも購入できる。
※いずれの購入場所でも予定数に達した時点で販売は終了となる。

「2024鈴鹿8耐Tシャツ(ホワイト/Racer)」

<製品仕様>
素材 綿100%
サイズ S、M、L、XL、2XL
価格 4,070円

「2024鈴鹿8耐Tシャツ(ホワイト/Racer)」

「2024鈴鹿8耐Tシャツ(ホワイト/Yoshimura SERT Motul)」

<製品仕様>
素材 ポリエステル60%、綿40%
サイズ S、M、L、XL、2XL
価格 4,070円

「2024鈴鹿8耐Tシャツ(ホワイト/Yoshimura SERT Motul)」
「2024鈴鹿8耐Tシャツ(ホワイト/Yoshimura SERT Motul)」

「2024鈴鹿8耐Tシャツ(ブラック/#12)」

<製品仕様>
素材 ポリエステル60%、綿40%
サイズ S、M、L、XL、2XL
価格 4,070円

「2024鈴鹿8耐Tシャツ(ブラック/#12)」
「2024鈴鹿8耐Tシャツ(ブラック/#12)」

「2024鈴鹿8耐フードタオル」

<製品仕様>
素材 綿100%
価格 4,950円

「2024鈴鹿8耐フードタオル」
「2024鈴鹿8耐フードタオル」

「2024鈴鹿8耐マフラータオル」

<製品仕様>
素材 綿100%
サイズ 縦20cm×110cm
価格 2,750円

「2024鈴鹿8耐マフラータオル」

「2024鈴鹿8耐扇子」

<製品仕様>
サイズ 7寸5分25間(約22.5cm)
価格 1,650円

「2024鈴鹿8耐扇子」
「2024鈴鹿8耐扇子」

「2024鈴鹿8耐チタンキーホルダー」

<製品仕様>
サイズ 直径 約3cm
価格 1,100円

「2024鈴鹿8耐チタンキーホルダー」
「2024鈴鹿8耐チタンキーホルダー」

「2024鈴鹿8耐シリコンリストバンド」

<製品仕様>
サイズ 周囲約202mm、幅約12mm
カラーバリエーション ホワイト、ブラック
価格 550円

「2024鈴鹿8耐シリコンリストバンド」
「2024鈴鹿8耐シリコンリストバンド」

「2024鈴鹿8耐キーホルダー(Racer)」

<製品仕様>
価格 880円

「2024鈴鹿8耐キーホルダー(Racer)」

「2024鈴鹿8耐缶バッジ Racer」

<製品仕様>
サイズ 直径約57mm
イラストバリエーション Racer、70th anniversary
価格 550円

「2024鈴鹿8耐缶バッジ Racer」

レポート●モーサイ編集部 写真●ヨシムラ

CONTACT

株式会社ヨシムラジャパン
https://www.yoshimura-jp.com/

製品問い合わせ窓口
https://www.yoshimura-jp.com/contact/inquiry

  1. 最も乗りやすい大型スポーツバイク?『CB1000R』は生粋のSS乗りも納得のストリートファイター

  2. アパレルデザイナーが語る『CT125・ハンターカブ』。ワークブーツのようにタフでオシャレなバイク

  3. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  4. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  5. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  6. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  7. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  8. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  9. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  10. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

A.S.H.クオリティの真髄<#12> 新車購入後、慣らし直後のオイル選びで「その後の車両状態」に変化はあるのか? KUSHITANI 機能と気品を兼ね備えた高機動レザージャケット 【NEWS】更に行きやすく、更に見所が増えて所沢2りんかんが移転オープン!!

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション