用品・グッズ

【DEWALT】「18V XRブラシレス・インパクトレンチ」はパワフルにも繊細にも、トルク調整ができて便利!

■「18V XRブラシレス・インパクトレンチDCF900NT」

タフに使えるインパクト

スタンレーブラック・アンド・デッカーは、プロフェッショナルツールブランド「DEWALT(デウォルト)」から、18Vクラス最⾼⽔準のパワフルなトルク(締め付け⼒)の「18V XRブラシレス・インパクトレンチ」(品番:DCF900NT)を、2024年6⽉上旬よりプロショップ、ホームセンター、オンラインショップなどで発売する。
「18V XRブラシレス・インパクトレンチ」は、18Vバッテリーを採⽤したコードレスインパクトレンチにおいて国内最⾼⽔準となる最⼤締付トルク(1396N・m)および緩めトルク(1898N・m)を発揮。⼤型⾞両などに使われる⼤型のボルトやナットの締め外し、コンクリートのアンカーボルト施⼯といった重負荷作業にも対応。また3段階の速度/トルク調整機能に加え、部材やナットの破損を予防する「プレシジョンレンチモード」を備えており、軽作業まで幅広い⽤途に対応する。

「18V XRブラシレス・インパクトレンチDCF900NT」
「18V XRブラシレス・インパクトレンチDCF900NT」
「18V XRブラシレス・インパクトレンチDCF900NT」

○「18V XRブラシレス・インパクトレンチ」製品概要
品番 DCF900NT
定格電圧 DC18V
締付トルク 135/813/1,396N・m(緩めトルク 1,898N・m)
回転数 0-650/1,040/2,300(回転/分)
打撃数 0-2,200(回/分)
LEDライト あり
先端形状 約13mm(1/2インチ)四⾓
振動係数 振動3軸合成値15m/s2
本体重量 2.90kg(5.0Ah充電池込み3.52kg)
サイズ L225×W85×H230mm(本体のみ)
付属品 キットボックス(TSTAKシリーズ連結互換)
定価 60,500円 ※バッテリー、充電器別売り
対応充電池 DCB184(18V 5.0Ah)、DCBP518(18V 5.0Ah Powerstack)、DCB182(18V 4.0Ah)、DCB547(18V 9.0Ah)
対応充電器 DCB1104(10.8V/18V Li-Ion充電器)

「18V XRブラシレス・インパクトレンチDCF900NT」

レポート●モーサイ編集部 写真●デウォルト

CONTACT

社名:スタンレー ブラック・アンド・デッカー
日本法人:ポップリベットファスナー株式会社ツール事業部
ブランド名:デウォルト
https://promo.dewalt-jp.com/tough-lifework/

  1. 最も乗りやすい大型スポーツバイク?『CB1000R』は生粋のSS乗りも納得のストリートファイター

  2. アパレルデザイナーが語る『CT125・ハンターカブ』。ワークブーツのようにタフでオシャレなバイク

  3. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  4. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  5. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  6. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  7. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  8. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  9. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  10. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

関東エリアをはじめ、中部エリアからの旅にも絶好の道の駅を紹介!〜那須・日光編〜 レブル1100 【ホンダ レブル1100徹底解説】アフリカツイン譲りの1100cc2気筒エンジン搭載、21年春に110万円〜で発売 【ラビットvsシルバーピジョン 国産スクーター戦後開発史4】高度経済成長と爆発的なスクーター需用

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション