用品・グッズ

MT-09/XSR900GP用の「アクラポビッチフルエキゾーストマフラー」が【ワイズギア】から!

■「アクラポビッチフルエキゾーストマフラー」XSR900GP

株式会社ワイズギアはMT-09(2024年4月発売)/XSR900GP(2024年5月発売)用の「アクラポビッチフルエキゾーストマフラー」を2025年2月から販売する。
同車用のアクセサリーはカウルやスクリーンなどがすでにワイズギアからリリースされているが、マフラーのアクラポビッチは今回の発表までファンに発売が待たれていたパーツ。

<製品概要>
○MT-09 ’24〜FULL SYSTEM
品番 Q5K-YSK-133-B14
環境性能 近接排気騒音:94dB/加速走行騒音:82dB
メーカー希望小売価格 343,200円
JMCA認証プレート付きの車検対応マフラー。MT-09の車体にマッチしたデザインのフルエキゾーストシステム。サイレンサーはブラック塗装を施した高品質なチタン製で、アクラポビッチ社ロゴとMT-09のレーザー刻印入り。

「アクラポビッチフルエキゾーストマフラー」MT-09
「アクラポビッチフルエキゾーストマフラー」MT-09
「アクラポビッチフルエキゾーストマフラー」MT-09

○XSR900GP FULL SYSTEM
品番 Q5K-YSK-133-B15
環境性能 近接排気騒音:91dB/加速走行騒音:81dB
メーカー希望小売価格 352,000円
JMCA認証プレート付きの車検対応マフラー。XSR900GPの車体にマッチしたデザインのフルエキゾーストシステム。サイレンサーはブラック塗装を施した高品質なチタン製で、アクラポビッチ社ロゴとXSRのレーザー刻印入り。
※ローダウンリンクとの同時装着はできない

「アクラポビッチフルエキゾーストマフラー」XSR900GP
「アクラポビッチフルエキゾーストマフラー」XSR900GP

レポート●モーサイ編集部 写真●ワイズギア

CONTACT

株式会社ワイズギア
https://www.ysgear.co.jp/

  1. 最も乗りやすい大型スポーツバイク?『CB1000R』は生粋のSS乗りも納得のストリートファイター

  2. アパレルデザイナーが語る『CT125・ハンターカブ』。ワークブーツのようにタフでオシャレなバイク

  3. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  4. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  5. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  6. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  7. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  8. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  9. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  10. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

【2020 RIDING GEAR AWORD】ブルートゥースインカム部門:B+COM ONEなら初心者からベテランまで満足度NO.1 2024年3月から「ホンダコレクションホール」がリニューアル、他メーカーの車両を交えた企画展にも注目! K&HからヤマハSR400用カスタムシート4種が登場

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション