用品・グッズ

「B+COM TALKワイヤーマイクペアユニット」はこれからインカムを始めるふたりにピッタリ!セットでお得に高性能をゲット!

■「B+COM TALKワイヤーマイクペアユニット」

株式会社サイン・ハウスは、バイク用Bluetoothインカム「B+COM」シリーズより、を数量限定で6月21日に発売する。
エントリーモデル「B+COM TALKワイヤーマイクユニット」の内容物を2人分まとめて同梱したセット商品で、単品の組み合わせよりも2,200円安価で購入できる。
また、同梱のB+COM TALK本体はペアリング済みの状態となっていて、パッケージを開封してからすぐに使い始めることができる。
ふたりでインカムを使い始めようという人にぴったりの製品となっている
※オープンフェイスヘルメット、システムヘルメットに取付ける場合は、別売りのオプション品「B+COMワイヤーマイクホルダー」または「B+COM TALK/PLAY用ハイブリッドアームマイク」を利用する。

「B+COM TALKワイヤーマイクペアユニット」 装着イメージ

○「B+COM TALKワイヤーマイクペアユニット」製品概要
品番:00082792
JAN:4541408007391
品名:B+COM TALKワイヤーマイクペアユニット
価格:37,400円

○「B+COM TALK本体」仕様
本体サイズ:W93.9mm×H39.4mm×D25.4mm
本体重量:36g
Bluetoothバージョン:Bluteooth5.1
対応プロファイル:HSP、HFP、A2DP、AVRCP
出力レンジ:Class1
充電時間:約2時間
防水防塵性能:IP67相当
スピーカー:外径φ40mm×D10.5mmネオジムマグネットインピーダンス32Ω

「B+COM TALK」利用イメージ

レポート●モーサイ編集部 写真●サイン・ハウス

CONTACT

株式会社サイン・ハウス
https://sygnhouse.jp/

  1. 最も乗りやすい大型スポーツバイク?『CB1000R』は生粋のSS乗りも納得のストリートファイター

  2. アパレルデザイナーが語る『CT125・ハンターカブ』。ワークブーツのようにタフでオシャレなバイク

  3. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  4. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  5. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  6. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  7. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  8. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  9. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  10. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

【最新快適アイテムガイド エルフ・ エステートスポルトパンツ】メッシュ+ストレッチで快適ライディング 「RYUTA・T」、「SEnR1」両氏によるイラスト展が【UNITEDcafe】にて。バイク乗りイラストレーターのこだわりを観る! ホーク11登場で注目度上昇中!? 今買える最新カフェレーサー的バイク14選「見た目レトロでもスポーティなんです!」

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション