用品・グッズ

ハードな旅でも快適な履き心地の全天候型! フラッグシップ「タクティカルライディングブーツ」

[PR] sponsored by フラッグシップ

操作性や快適性、安全性に加えてバイクから降りた際の歩きやすさなど、ライディングシューズにはさまざまな性能が要求されるが、それらを高い次元でまとめたモデルがFLAGSHIP(フラッグシップ)のFSB-802 タクティカルライディングブーツ。

アウトドアシーンによく似合うデザインのブーツタイプで、アッパーは人工皮革で広く覆われているが、見た目から受ける印象よりも柔軟性に富んでおり、シューズそのものと言ってもいい履き心地。ステップ位置が高めで足首の曲がりがきつくなるスポーツネイキッドでも違和感なくペダル操作が行えた。

ソールの前半分はシフト動作に支障を来さない厚さながら、左右から両手で押してもまったく変形しないほど強固。それでいて前後方向には十分な柔軟性が確保されており動きやすい。防水透湿フィルム「ヴォクサーム」のおかげか、25度C前後の気温では不快な蒸れもほとんど感じられなかった。

金属製ワイヤーを使用して速やかに、かつきめ細かい調節を可能にしたSPINONシステムをダブルで装備しているので、しっかり締めておけば万一転倒した際も脱げることはまずない。上部のダイヤルを緩めると足首より上の自由度が向上するので歩き回るのも苦にならない。雨露にぬれたキャンプ場はもとより、ショートからロングツーリングまで幅広いシチュエーションで活躍するだろう。

FSB-802 タクティカルライディングブーツ

価格:2万1780円
カラー:サンドベージュ、ブラック
サイズ:23〜28cm

SPINONシステムをダブルで装備

ダイヤルを回すとワイヤーが締め付けられ、上に引っ張るとリリースされるSPINONシステムを履き口部と甲部分それぞれに装備。ワイヤーには引き手が付いており1アクションで緩められる。歩行時は履き口側を緩めにすると格段に動きやすくなる

SPINONシステムのダイヤルは2箇所
引き手を引っ張ることで簡単にワイヤーがゆるむ

要所を守るための装備は万全

シフトガードにくるぶしガード、ヒールガードが装備されており要所の保護は万全。ヒールガードにはリフレクターが装備されて夜間の被視認性を高めている。ソールは舗装路から不整地に至るさまざまなシチュエーションにおけるグリップ力を考慮したものになっている

安全性と動きやすさを両立したソール

インナーソールは薄い部分でも5mmほどの厚みがあり衝撃吸収性を高めている。その分本来のサイズよりもタイトに感じる可能性が高いので直に履いて判断した方がいいだろう。横方向に対しては強固だが前後方向の柔軟性は高く歩行やシフト動作も容易

硬そうに見えるが、アッパーの柔軟性は十分
付属する厚めのインソールが歩行時の衝撃や疲労を軽減する

report●高野栄一 photo●永田まさお

お問い合わせ

フラッグシップ
TEL:048-762-1021

https://flag-ship.co.jp/

  1. アパレルデザイナーが語る『CT125・ハンターカブ』。ワークブーツのようにタフでオシャレなバイク

  2. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  3. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  4. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  5. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  6. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  7. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  8. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  9. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  10. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

【フロント19インチはオールラウンダーの証か否か? その5】19インチ17インチだけじゃない、いろいろあったフロントタイヤの大きさ NTT東日本 XR230 オフロードバイク 災害特別支援隊 NTT東日本のオフロードバイク部隊「災害特別支援隊」とは? 通信インフラを守るため、災害現場を駆け2300キロ! 「ヤマハR125、R15、MT-125に対応」するフェンダーレスキットなど、注目の新アイテムを【デイトナ】が発売!

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション