用品・グッズ

インナーサンシェード付きオープンフェイス「EXCEED-2」は風の巻き込みを低減させてデビュー!【Kabuto】から

■「EXCEED-2」パールホワイト

エアロシールドが風を左右に分散しつつ巻き込みを低減

ヘルメット大手の株式会社オージーケーカブトは、風の巻き込みを軽減させた新型オープンフェイスヘルメット「EXCEED-2(エクシード・ツー)」を2024年6月上旬に発売する。メーカー希望小売価格は3万6300円。

軽量インナーサンシェード付きオープンフェイス「EXCEED」(従来モデル)の特長をアップデートさせた「EXCEED-2」では、エアロダイナミクスを考慮した「エアロシールド」を新たに採用。これにより走行時の風を左右に分散するとともに、口元からの風の巻き込みを軽減させた。ヘルメット本体だけでなくシールド形状に至るまでエアロダイナミクスを追求し、走行中の快適性を向上させている。また、帝人株式会社の高機能ポリカーボネートをシールド素材として用いた『UV&IRカットシールド』を標準装備。太陽光の有害な紫外線(UV)や、赤外線(IR)による温度上昇からライダーを保護している。
内装にはDEOFACTOR®の「制菌加工」を施した生地を各部分に使用。肌ざわりのよさに加え、パッドの面積を増やしたことで包み込まれる心地良いフィット感が得られる。スピーカーホール部分は前作からサイズが拡大された。新たにケーブルルートを設置しており、スマートな配線が可能となっている。
進化した空力性能と高い快適性が、日常のライドからロングツーリングまで幅広いシーンで高い満足感をもたらす仕様となっている。

「EXCEED-2」パールホワイト

○「EXCEED-2」製品概要
カラー パールホワイト、ブラックメタリック、フラットブラック、グレー、シャイニーレッド
サイズ XS(54-55cm)/S(55-56cm)/M(57-58cm)/L(59-60cm)/XL(61-62cm)
規格 JIS
価格 3万6300円(2024年6月上旬発売)

「EXCEED-2」ブラックメタリック
「EXCEED-2」フラットブラック
「EXCEED-2」グレー
「EXCEED-2」シャイニーレッド
風の巻き込みを軽減させる新設計エアロシールド

レポート●モーサイ編集部 写真●カブト

CONTACT

株式会社オージーケーカブト
https://www.ogkkabuto.co.jp/

  1. アパレルデザイナーが語る『CT125・ハンターカブ』。ワークブーツのようにタフでオシャレなバイク

  2. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  3. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  4. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  5. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  6. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  7. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  8. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  9. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  10. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

燃料メーターが悪いのか?タンクが悪いのか!? 90年代の隠れ名車「カワサキ ZZR600」リフレッシュ計画【第3話】 ホンダ CB650Rがカラーリング変更!!「上質感UP」「より精悍に」 インペリアーレ400 ベネリ ベネリ インペリアーレ400試乗「SR400やGB350だけじゃない!クラシック空冷単気筒の新たな選択肢」

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション