用品・グッズ

衝撃時だけ硬くなる!【フリュガン】の「D3®プロテクター ゴーストシリーズ」に胸、背中用が追加された!

■フリュガンの「D3®プロテクター ゴーストシリーズ」胸、背中用追加

胸と背中にも柔軟にフィットする、強固な護りのフリュガンD3®プロテクター 

オートバイ用アパレルブランドであるフリュガン(Furygan)日本総代理店の株式会社LINKSは、柔軟性と通気性を同時に実現している「D3O®プロテクター ゴースト(Ghost™)胸プロテクター(2ピースタイプ)」および「背中プロテクター」を発売した。
世界46か国に展開、MotoGPライダーからも高い支持を受けるフリュガンによる知的衝撃吸収素材D3O®を使った最新プロテクターである「ゴーストシリーズ」は、すでに昨年8月にLINKSからCEレベル2の肘/膝用と腰/肩用、CEレベル1の肘/膝用と腰/肩用がリリースされている。今回はこのラインナップにCEレベル1の胸用とCEレベル1の背中用(MとLの2サイズ)が加わったことになる。

フリュガン「D3®プロテクター ゴーストシリーズ」

○「D3O®プロテクター ゴースト」概要
知的衝撃吸収素材と呼ばれるモレキュール(分子)テクノロジーを駆使した特殊素材で、高い衝撃耐性と運動性に定評がある。普段はしなやかに柔らかく、衝撃時には分子結合によりエネルギーを吸収、人体を安全に護り、衝撃エネルギーを最大限に分散する。
また、三角形を敷き詰め合わせたジオメトリックなD3O®素材(Impact Print™)がフレキシブルに稼働し、人体の可動部をしなやかに包み込む。体のあらゆるラインにフィットし、これまでにない新感覚の柔軟性を実現した。それでいて独自のベンチレーション構造により、抜群の通気性となっている。軽量・コンパクトであり、ウエア内側に設定しておきやすいのもポイント。

フリュガン「D3®プロテクター ゴーストシリーズ」
フリュガン「D3®プロテクター ゴーストシリーズ」
フリュガン「D3®プロテクター ゴーストシリーズ」
フリュガン「D3®プロテクター ゴーストシリーズ」
フリュガン「D3®プロテクター ゴーストシリーズ」
フリュガン「D3®プロテクター ゴーストシリーズ」

○価格
ゴーストCEレベル1胸プロテクター 5,900円
ゴーストCEレベル1背中プロテクター サイズM(7) 9,500円
ゴーストCEレベル1背中プロテクター サイズL(8) 9,500円

レポート●モーサイ編集部 写真●LINKS

CONTACT

株式会社LINKS (フリュガンウェブサイト)
http://linksofjapan.jp/product/furygan.html

  1. アパレルデザイナーが語る『CT125・ハンターカブ』。ワークブーツのようにタフでオシャレなバイク

  2. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  3. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  4. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  5. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  6. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  7. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  8. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  9. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  10. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

2023鈴鹿8耐の8月5日と6日は南海部品コラボイベント開催! トークショーにトライアルデモに販売コーナーと盛りだくさんの内容ですッ 100円ライターがバイク風模型に大変身!実際に作ってみたよ 電動バイクのウソとホント「音がしない」「加速が鈍い」「高価」「航続距離が短い」のイメージは真実なのか

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション