用品・グッズ

『バリバリ伝説』コラボは、ヘルメット本体だけではなかった!【SHOEI】からイラスト入りタオルなど

■「キーホルダー『バリバリ伝説』」パッケージ

コラボヘルメットを買うときに、ぜひセットで!

ヘルメット製造大手の株式会社SHOEIは、バイク漫画『バリバリ伝説』とコラボレーションしたグラフィックモデル、「X-Fifteen グン」と「Z-8 バリバリ伝説」の発売に伴い、『バリバリ伝説』とのコラボレーショングッズを2024年7月、限定販売する。
販売グッズは『バリバリ伝説』のカラーイラストとロゴをプリントしたTシャツ2種とフェイスタオル、そして主人公である巨摩郡のレプリカモデル「X-Fifteen グン」のキーホルダー。販売は全国のSHOEI Galleryでの限定となる。

◯「Tシャツ『バリバリ伝説』1」

・価格:4,730円
・カラー:ホワイト
・サイズ:M、L、XL

「Tシャツ『バリバリ伝説』1」
「Tシャツ『バリバリ伝説』1」

◯「Tシャツ『バリバリ伝説』2」

・価格:4,730円
・カラー:ブラック
・サイズ:M、L、XL

「Tシャツ『バリバリ伝説』2」
「Tシャツ『バリバリ伝説』2」

◯「タオル『バリバリ伝説』」

・価格:3,300円

「タオル『バリバリ伝説』」

◯「キーホルダー『バリバリ伝説』」

・シールド可動
・価格:1,650円

「キーホルダー『バリバリ伝説』」

○『バリバリ伝説』について

『バリバリ伝説』はバイクブーム全盛の1983年から1990年代にかけて「週刊少年マガジン」(講談社)で連載された、当時のバイクブームを象徴した作品の一つ。
作者は『頭文字D』や『MFゴースト』などヒット作を生み出してきた、しげの秀一氏。
主人公である高校生ライダーの巨摩 郡(こま ぐん)が、峠を走るライダーからサーキットへ、そして当時アマチュアライダーの憧れの鈴鹿4時間耐久レース優勝。全日本そして世界グランプリ500ccチャンピオンにまで上りつめていくサクセスストーリー。
750ccバイクを驚異的なテクニックで操る姿や、同級生の伊藤 歩惟(いとう あい)との学園ラブストーリーは、当時の若者の夢を描いたものともいえる。
ルーキーライダーでありながら他を圧倒する走りにより、力づくでワークスマシンを勝ち取っていく姿は、多くのレーサーの胸を熱くさせた。


◯参考:「X-Fifteen グン」

・価格 10万3400円
・発売 2024年7月発売 ※受注期間限定モデル(2024年9月末をもって注文受付終了予定)
・規格 JIS規格、FIM規格、MFJ公認
・サイズ XS(53~54cm)、S(55~56cm)、M(57~58cm)、L(59~60cm)、XL(61~62cm)、XXL(63~64cm)
・カラー TC-1(RED/WHITE)
・構造 AIM+(Advanced Integrated Matrix Plus Multi-Fiber) 強靱なガラス繊維と3次元形状とした有機繊維の複合積層構造を基に、高い弾性性能を持つ高性能有機繊維をプラス、軽量でありながらも剛性弾性に優れる高性能なシェル構造。
・付属品 布袋、ブレスガードJ、チンカーテンD、ロアエアスポイラー、シリコンオイル、防曇シート、SHOEIロゴステッカー、シールド用ステッカー(No.11ステッカー)、オリジナルポストカード

「X-Fifteen グン」
「X-Fifteen グン」

◯参考:「Z-8 バリバリ伝説」

・価格 8万2500円
・発売 2024年7月発売 ※受注期間限定モデル(2024年9月末をもって注文受付終了予定)
・規格 JIS規格
・サイズ XS(53cm)、S(55cm)、M(57cm)、L(59cm)、XL(61cm)、XXL(63cm)
・カラー TC-6(WHITE/GREY)
・構造 AIM+(Advanced Integrated Matrix Plus Multi-Fiber) 強靱なガラス繊維と3次元形状とした有機繊維の複合積層構造を基に、高い弾性性能を持つ高性能有機繊維をプラス、軽量でありながらも剛性弾性に優れる高性能なシェル構造。
・付属品 布袋、ブレスガード、チンカーテン、シリコンオイル、防曇シート、スペア防曇シート用ピンセット、SHOEIロゴステッカー、オリジナルポストカード

「Z-8 バリバリ伝説」
「Z-8 バリバリ伝説」

レポート●モーサイ編集部 写真●SHOEI

CONTACT

◯株式会社SHOEI
https://www.shoei.com/

◯「X-Fifteen グン」について
https://mc-web.jp/goods/134600/

◯「Z-8 バリバリ伝説」について
https://mc-web.jp/goods/134610/

◯SHOEI Gallery
SHOEI Gallery TOKYO 03-5289-7151
SHOEI Gallery YOKOHAMA 045-345-8870
SHOEI Gallery OSAKA 06-7632-8600
SHOEI Gallery KYOTO 075-320-5436
SHOEI Gallery FUKUOKA 092-235-9826

  1. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  2. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  3. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  4. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  5. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  6. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  7. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  8. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  9. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  10. アメリカ人ライダーが語るバイクの楽しさとCBR1000RR-Rの素晴らしさ「バイクに乗ってライフスタイルが変わった」

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

【KNOX】から「アーバンプロマーク3」が新登場! 着心地と利便性をアップしたライディング用プロテクションシャツなのだ 「Ninja ZX-10R KRT EDITION」が新色「ライムグリーン×エボニー(GN1)」の新デザインに変更された! ボディサイドが広く緑色に!! Dax125に【ヨシムラ】! ブラック塗装の直管スタイルだ!「機械曲ストレート762サイクロン政府認証」ほかカスタムパーツが登場!

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション