用品・グッズ

XSR125用【ヨシムラ】「フェンダーレスKIT」は剛性そのままに小型軽量化!

■XSR125用「フェンダーレスKIT」装着イメージ

XSR125の外観をスッキリしたものに!

二輪用品の株式会社ヨシムラジャパンはXSR125(2024)用「フェンダーレスKIT」を発売した。マシンにマッチしたデザイン性と剛性や強度が配慮されている。3連スリットに肉抜きされたステンレス製ブラケットは、剛性を欠くことなく小型化を実現し、軽量化に貢献。

XSR125用【ヨシムラ】「フェンダーレスKIT」装着イメージ

<製品概要>
・上向き40度保安基準適合(新基準に適合)
・取付方法にも配慮したブラケット構造
・ナンバー灯の配線が必要
※写真のダミープレートは付属されない。
※車体の長さに30mm以上の変更が生じた場合は、管轄の運輸支局へ構造変更の申請が必要となることがある。

XSR125用【ヨシムラ】「フェンダーレスKIT」装着イメージ
※比較用:ノーマルフェンダー車の写真

参考! XSR125用のヨシムラ製品はほかにも!

ヨシムラでは今回の「フェンダーレスKIT」をリリースする以前に、XSR125専用の適応パーツを発売している。参考として紹介するので、組み合わせて理想のXSR125を作りあげてほしい。

・「機械曲ストレート762サイクロン 政府認証」 74,800円
ヨシムラ伝統の直管スタイルを継承。

XSR125用「機械曲ストレート762サイクロン 政府認証」

・「機械曲GP-MAGNUMサイクロン EXPORT SPEC 政府認証」 ステンレスカバー63,800円、チタンブルーカバー73,700円、カーボンカバー77,000円
シンプルな丸形サイレンサー。ヨシムラオリジナルのディンプルリベットや肉抜きリベットバンドなど。

XSR125用「機械曲GP-MAGNUMサイクロン EXPORT SPEC 政府認証」チタンブルーカバー

・「機械曲R-77Sサイクロン EXPORT SPEC 政府認証」 ステンレスカバー/カーボンエンドタイプ75,900円、メタルマジックカバー/カーボンエンドタイプ86,900円、チタンブルーカバー/カーボンエンドタイプ90,200円

XSR125用「機械曲R-77Sサイクロン EXPORT SPEC 政府認証」チタンブルーカバー/カーボンエンドタイプ

・「ラジエターコアプロテクター」 13,750円
エッチング加工による高精度のhexagonalメッシュパターンを採用。

XSR125用「ラジエターコアプロテクター」

レポート●モーサイ編集部 写真●ヨシムラ

CONTACT

株式会社ヨシムラジャパン
https://www.yoshimura-jp.com/

  1. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  2. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  3. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  4. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  5. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  6. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  7. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  8. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  9. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  10. アメリカ人ライダーが語るバイクの楽しさとCBR1000RR-Rの素晴らしさ「バイクに乗ってライフスタイルが変わった」

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

ムック『情熱のロードレースVOL.1 検証─1985年鈴鹿8耐』が8月16日(月)に八重洲出版より発売!! 【バイク擬人化漫画】ニーゴーマン!第50話:梅雨時のライダーあるあるが悲しいッ「マンホール怖い」「カッパ着ると晴れる」 赤いバイクが静かに街を駆ける! 日本郵便、ホンダ製電動バイクの導入を開始

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション