用品・グッズ

手軽でおいしい!ドリップコーヒーの「モンカフェ」でキャンプツーリングがもっと幸せになる3つの理由

[PR] sponsored by 片岡物産

キャンプ時間を豊かにしてくれるのが一杯のコーヒーです。ミルで豆を挽くのも確かにいいけれど、もっと手軽にもっとおいしい一杯を楽しむ方法があります! それが、ドリップコーヒーの「モンカフェ」なのです。

手軽なのに最高においしい!
キャンプ時間をもっと幸せに

アウトドアやキャンプで飲むコーヒーって、なぜかとってもおいしいし、幸せな気分になりますよね。でもキャンプって、テントを張ったり料理をしたり、後片付けをしたりと意外と忙しい……。ミルで豆を挽いて、ドリッパーやフィルターをセットして、お湯を注いで……なんてやってる時間がない!という人もいるかもしれません。
また、バイクのツーリングだと荷物を極力少なくしたいので、ミルやドリッパーは持って行きにくいという事情もあります。

そこで最近、アウトドアやキャンプに最適なコーヒーだと評判になっているのが、お湯を注ぐだけで手軽においしく淹れられる「モンカフェ」なのです!

モンカフェは、まずパッケージが秀逸。アルミ箔が使われた個包装で、挽きたてのフレッシュな状態をキープしてくれます。サイズにも荷物の透き間に入れておきやすいので、ツーリングバッグの中でも全然邪魔になりません。

モンカフェのフィルターは、カップの中のコーヒーに浸つからない構造だから、おいしいところだけがドリップされます。手軽なのにおいしい秘密がここにあると言えるでしょう! さらにお湯を注ぐだけだから余計な荷物が不要なのもキャンプツーリング向きにぴったりなポイントです。

また、アウトドアのカップはいろいろな大きさがありますよね。モンカフェは少し大きめのカップにも対応。実際にキャンプ場で使ってみましたが、どんなカップでもしっかり固定でき、また風で飛ばされることもありませんでした。

モンカフェは、淹れている途中から芳醇な香りを楽しめるし、飲んでみればクリアですっきりとした味わいが広がります。
キャンプ場に着いたら、テントを張ってまず一杯。食後に星を見ながらゆっくりと。そして朝もやの中、目覚めの一杯……。
キャンプのあらゆるシーンにマッチする香りと味わいですね! 

手間なくスマートに最高の一杯を楽しめる。モンカフェ プレミアムブレンドさえ持っていれば、あなたのキャンプ時間はもっと幸福なものになるでしょう。

アウトドアに最適な理由とは?

アウトドアでも挽きたての香りをキープ
個包装フィルムに使われるアルミ箔は空気と光を通さないのでコーヒー豆の劣化を防いでくれます。また、脱酸素剤も入っているので、挽きたての芳醇な香りをいつでも楽しめます

挽きたてのフレッシュな状態を保つアルミ箔フィルムの個包装。中には脱酸素剤入り

コーヒーに浸からない独自構造のフィルター
モンカフェのおいしさの秘密はフィルターの形状。カップの中のコーヒーに浸からないため、余計な雑味を出さず、スッキリとした味わいを引き出せるのです

独自のフィルター構造。カップの中のコーヒーに浸からないので雑味が出ない

カップを選ばずしっかりフィット
独自構造のフィルターはさまざまな大きさのカップにフィットします。しっかりと固定できるので、お湯を注いでいる途中で外れにくいのです。風で飛んでいく心配がないのもアウトドアでうれしいポイントですね

モンカフェはいろいろなサイズのカップに使える

香り高い一杯を淹れる3つのコツ

10秒蒸らす
最初に少量のお湯をコーヒーの粉全体にかけて10秒ほど蒸らします。おいしい成分を抽出するのに必要な10秒なのです。ここで香りも楽しみましょう

2、3回に分けてお湯を注ぐ
10秒ほど蒸らしたら、「の」の字を描くように2、3回に分けてお湯を注ぎます。できればお湯が細く出るポットが欲しいところですね

フィルターはさっと上げる
適量のお湯を注いだら、さっと取り外しましょう。もったいないから最後の一滴まで……というのは禁物。余分な苦みや雑味が強く出てしまいます

詳しくはこちらの動画をチェック!

モンカフェ プレミアムブレンド 10袋入/616円(税込)

report●太田力也 photo●岡 拓 model●朝山すず

問い合わせ

片岡物産
0120-941440
http://www.kataoka.com/

  1. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  2. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  3. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  4. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  5. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  6. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  7. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  8. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  9. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  10. アメリカ人ライダーが語るバイクの楽しさとCBR1000RR-Rの素晴らしさ「バイクに乗ってライフスタイルが変わった」

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

アールエスタイチの「空水冷クーリングウエア」LIQUIDWINDの実物が見られる!「湘南T-SITE」で6月12日〜8月31日まで展示&販売を実施 旗艦ヘルメット、Xフォーティーンにマットな新色が登場 XF4 スズキ 【スズキ XF4】今から30年前、スズキ版CT125ハンターカブと言える万能レジャー125cc計画があった!?

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション