用品・グッズ

【ガエルネ】「Gアドベンチャー」の2024モデルがデビュー!ツーリング用人気ブーツがさらに快適に!

■【ガエルネ】「Gアドベンチャー」2024モデル

どこにでも履いていける軽量快適プレミアムブーツ

株式会社ジャペックスはイタリアの老舗ブーツブランド【ガエルネ】による新「Gアドベンチャー(G-ADVENTURE)」の販売を、2024年4月26日から開始した。
Gアドベンチャーはアドベンチャーツーリング用に開発された従来から人気のモデル。オンロードがメインでオフロードもときどき……というツーリングに向いている。オフロードブーツが初めてという人や、女性ライダーにも薦められる。
一般的なオフロードブーツよりも40%軽量に仕上げられていて、オフロードブーツのようなハードなライディングではなく、ライトな林道ツーリングで長時間履き続けるための快適性が高められている。足首を程よくホールドし、シフト操作のための縦の動きを損なうことなく、転倒の際に加わる可能性のある横のねじれが発生しにくいようになっている。

【ガエルネ】「Gアドベンチャー」2024モデル

◯「Gアドベンチャー」2024モデルの変更点

・スポーティーなルックになり、シンプレートの「G」ロゴがマットなグレーに変更。
・ソールをダボスソールからガエルネが新しく開発したブロックソールに変更。
・スネあたりの履き口部分の素材を伸縮性のあるメッシュ素材に変更し、ふくらはぎによりフィットするようになった。
・バイクに接する内側部分に、耐熱仕様のスエード革を追加し、耐熱と滑り止めの効果を発揮。

【ガエルネ】「Gアドベンチャー」2024モデル
【ガエルネ】「Gアドベンチャー」2024モデル
【ガエルネ】「Gアドベンチャー」2024モデル

◯「Gアドベンチャー」製品概要

外装:本革(フルグレインレザー/スウェード)
内装:Drytech耐水透湿フィルム(耐水性はあるが防水ではない)
ソール:ガエルネオリジナルブロックソール(修理交換可)
重量:1,000g(片足)
足入れ全高:28.4cm
製造国:イタリア
サイズ:24.5cm~29.5cm(0.5cm刻み)
価格:3万6000円

レポート●モーサイ編集部 写真●ジャペックス

CONTACT

株式会社ジャペックス
https://www.japex.net/

  1. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  2. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  3. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  4. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  5. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  6. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  7. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  8. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  9. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  10. アメリカ人ライダーが語るバイクの楽しさとCBR1000RR-Rの素晴らしさ「バイクに乗ってライフスタイルが変わった」

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

スパイダー カンナム BRP クルマの免許で乗れるバイク!? カナダ生まれのBRP「can-am」はスポーツカーともバイクとも違う運転感覚だった! 「落としても壊れにくい!」タフな電動ドライバーが「ファクトリーギア」【DEEN.J】から! 「カワサキ プラザ沼津」がリニューアルオープン!港大橋通りと国道414号の交差点で大目立ち!

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション