用品・グッズ

青島文化教材社からCT125ハンターカブ(JA65)完成品モデルが間もなく発売。色は現行最新カラーのターメリックイエロー車

“タフな相棒”の最新カラー・完成品バイクシリーズに登場!

青島文化教材社は、「SKYNET(スカイネット)」ブランドの「1/12完成品バイク」シリーズから、「Honda CT125 ハンターカブ ターメリックイエロー」が2024年8月に発売予定。CT125ハンターカブは、長らくカブフリークに親しまれてきた先代モデルCT110(2010年代前半に生産終了)の機能とスタイルを継承して登場した人気のカブ系レジャーモデル。完成品バイクシリーズの同車は、JA65型のCT125ハンターカブで、2023年に追加色となったターメリックイエローモデル。エンジンやフレーム形状など、特徴的なシルエットを余すことなく再現している。フレーム・タンクはダイキャスト製を採用し、重量感・質感ともにハイレベルな完成品モデルだ。また、受注予約開始日時は2024年5月1日(水)14時から。

1/12 完成品バイク Honda CT125 ハンターカブ・ターメリックイエロー
1/12 完成品バイク Honda CT125 ハンターカブ・ターメリックイエロー
1/12 完成品バイク Honda CT125 ハンターカブ・ターメリックイエロー

【製品名】1/12 完成品バイク Honda CT125 ハンターカブ ターメリックイエロー

■価格:3850円
■発売:2024年8月予定(※受注予約開始は2024年5月1日14時から)

【製品仕様】
●塗装済み完成品
●ステアリング・リヤサスペンション可動
●素材:本体/ダイキャスト・ABS・PS タイヤ/TPR 
●スケール:1/12
●サイズ:全長約164mm
●ディスプレイ台座付属
●アオシマオリジナル開発商品
※本田技研工業(株)監修中。画像は試作品のため、実際の商品とは異なる場合があります。

まとめ●モーサイ編集部・阪本  写真●青島文化教材社

CONTACT

株式会社青島文化教材社 TEL 054-263-2595
https://www.aoshima-bk.co.jp/

  1. アパレルデザイナーが語る『CT125・ハンターカブ』。ワークブーツのようにタフでオシャレなバイク

  2. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  3. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  4. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  5. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  6. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  7. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  8. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  9. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  10. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

【NEW ITEM】クシタニからライディングシューズ2種が発売! 【6月27日発売】ホンダ クロスカブ50の車体色ラインアップが一新! 110と同じグリーンとグレーが登場 98万円だけが魅力じゃない! トライアンフ トライデント660はツーリング性能も◎だった

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション