用品・グッズ

GB350をシングルシート風のカフェスタイルにしたい!しかもボルトオンで簡単に!

■「カスタムシート TYPE-CAFE GB350(2021〜2023)」装着例

お気に入りのGBをカフェスタイルにしたいなら!

株式会社デイトナは「カスタムシート TYPE-CAFE GB350(2021〜2023)」を、2024年5月上旬から発売する。

「カスタムシート TYPE-CAFE GB350(2021〜2023)」はホンダ・GB350をカフェスタイルに見せるカスタムシート。シート高はノーマル比で約10cm低くなるだけだが、ライダー側の座面幅を狭め、肩部分もなだらかに落としてあるので、数値データ以上に足着き性が向上する。
セパレートハンドルなど低めのポジションにフィットする。前傾姿勢に合わせて、着座位置も少し前よりに設定されている。
シート裏面には車載工具収納用のステーが付いている。
ボルトオンで装着できることも魅力。
なお、スポーツグレードのGB350Sには装着できない。また、シートのタンデム部分はスタイルを優先とした形状としているので、安全のためにタンデム走行での使用を控えるようメーカーは求めている。

「カスタムシート TYPE-CAFE GB350(2021〜2023)」
「カスタムシート TYPE-CAFE GB350(2021〜2023)」
「カスタムシート TYPE-CAFE GB350(2021〜2023)」
「カスタムシート TYPE-CAFE GB350(2021〜2023)」装着例
「カスタムシート TYPE-CAFE GB350(2021〜2023)」装着例

○製品概要
品番 46391
適応車種 ホンダ GB350(2021年〜2023年 2BL-NC59/8BL-NC59)
発売時期 2024年5月上旬
メーカー希望小売価格 6万500円

LEDフェンダーレスキット(29426)+アシストグリップ(23089/23092)+カスタムシートTYPE-CAFE(46391)の同時装着例
LEDフェンダーレスキット(29426)+アシストグリップ(23089/23092)+カスタムシートTYPE-CAFE(46391)の同時装着例
比較用。ノーマル状態のGB350

レポート●モーサイ編集部 写真●デイトナ

CONTACT

株式会社デイトナ
https://www.daytona.co.jp/

  1. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  2. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  3. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  4. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  5. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  6. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  7. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  8. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  9. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  10. アメリカ人ライダーが語るバイクの楽しさとCBR1000RR-Rの素晴らしさ「バイクに乗ってライフスタイルが変わった」

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

グロム ホンダ 2021 ホンダ グロムを新旧比較試乗「新エンジン&改良されたフレームで走りはどう変わったのか?」 ハーレーがストリートファイター「ブロンクス」をヨーロッパで発表 【SHOEI】「X-Fifteen MARQUEZ THAI」はマルケスのタイGP仕様グラフィック!配色の青と金がまるでワット・ロンスアテン!

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション