用品・グッズ

キジマ流XSR125カスタム! アーバンスクランブラー登場

[PR] sponsored by キジマ

昨年末の発売以来高い注目度を誇るXSR125用に、キジマがカスタムパーツを発表! クールなビジュアルと利便性を両立させた、街を軽快に駆け抜けるスクランブラー風カスタムをチェックしていこう!

東京モーターサイクルショーでおひろめされたキジマのカスタムパーツを装着したXSR125は、純正のライトブルーの車体色と相まって、かつて一世を風靡したTW200をほうふつさせる軽やかなストリートトラッカースタイルだ。

レトロな柄のメーターバイザーやアルミ製アンダーガード、ブレースバーを備えたアップ&ワイドなハンドルなどがオフロードテイストを高めている。また、リヤのフェンダーレスキットやフロントのアップフェンダー、ミラーとウインカーの小型化によりスッキリしたシルエットを実現。純正シートと色がマッチした生ゴム色のグリップもアクセントになっている。

一部アイテムは製品化に向けて鋭意開発中とのこと。価格や発売時期の発表を期待して待とう!

メーターバイザー

予価:1万5400円

ボディカラーとマッチするFRP製バイザーは、スクランブラー風味を格段にアップしてくれるアイテム。メッキ仕様のヘッドライトベゼルと合わせて、バイクの顔を引き立てる

バッグサポート

価格未定

バッグサポートはタンデムステップ部に取り付ける仕様。凝った造形ながら車体の雰囲気になじんでおり、バッグを装着しない状態でもドレスアップアイテムとして存在感を放つ

フェンダーレスキット

予価:1万5400円

軽快なルックス作りに大きく貢献しているフェンダーレスキットもキジマの人気商品。今回の車両ではリヤウインカーもNano仕様にしているが、純正ウインカーにも対応する

LEDテールランプ

価格未定

極小サイズのウインカーに対して、テールランプは純正よりも大型化して存在感を高めた。メッキ処理されたタンデムグリップと合わせて、リヤ周りも目を引くビジュアルだ

Nanoウインカー ブレットスタイル

灯火類などの電装部品はキジマが得意とするジャンルのひとつ。極小サイズでスタイリッシュなウインカーランプは、点灯時はもちろん十分な光量を放ち、安全性も抜かりなし

Nanoウインカー ブレットスタイル 内訳(フロントのみ)

ウインカーランプ Nano3 1万5400円(2個セット)
シャフトエクステンション 35mm 2530円(2個セット)
ウインカーマウントベース 880円(2個セット)
ICウインカーリレー 2860円

その他のアイテム

・トラッカーハンドル:価格未定
・トルネードグリップ 生ゴム:1650円
・USBポートシングルハンドルクランプ:6600円
・ヘッドライトベゼルメッキ:価格未定
・TECH12ミラー ラウンド:1万2100円
・タンデムグリップ:価格未定
・フロントアップフェンダー(モンキー125純正仕様):価格未定
・アンダーガード アルミ:価格未定
・ヘルメットロック:4180円

report:編集部 photo:長谷川拓司

お問い合わせ

キジマ
TEL:03-3897-2167

https://www.tk-kijima.co.jp/

  1. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  2. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  3. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  4. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  5. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  6. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  7. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  8. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  9. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  10. アメリカ人ライダーが語るバイクの楽しさとCBR1000RR-Rの素晴らしさ「バイクに乗ってライフスタイルが変わった」

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

アシモの技術を活用したホンダの「自立するバイク」が進化、今度は後輪や車体を揺らしてバランスを取る! サイン・ハウスのLEDヘッドライトバルブを買うとLEDポジションランプがついてくる! VT250 「スーパースポーツVT250FからフレンドリーなVTRへ」20年振りに乗って考えた、ホンダVT系の変わりゆく位置づけ

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション