用品・グッズ

WINSの「G-FORCE X」はトランスフォーム可能なクロスオーバータイプヘルメット

[PR] sponsored by ウインズジャパン

石川県金沢市で2009年に設立された新興ブランドながら、カーボンファイバー製を含む多彩なヘルメットを展開するウインズジャパンが、スタイルチェンジできるアーバンクロスオーバーモデル「G-FORCE X(ジー・フォース・エックス)」を今年新発売。別売りのシールドやフェイスガードを導入することでさまざまなスタイルを楽しめるのが最大の魅力だ。

帽体はグラスファイバー素材にあらかじめ樹脂を浸透させた熱硬化性プリプレグ繊維シートを用いた、強靭かつ軽量なドライファイバーシェル構造。内装はフル着脱式で、別売りパーツでのサイズ微調整もできる。

シェルデザインは一般的なオープンフェイスヘルメットと同様で、標準装備のクロスバイザーを外してシールドを装着すれば既存モデルの「G-フォース SSジェット」と同じスタイルに。その状態にフェイスガードを加えるとフルフェイススタイルにチェンジできる。また、クロスバイザーを装着した状態で社外品のゴーグルを組み合わせれば、よりオフロード寄りのスタイルにもなるのだ。

標準のスタイルはクロスバイザーとインナーバイザーのみのオープンフェイス仕様。インナーバイザーはライトスモークも同梱され、場面に合わせて変更可能だ。気分や使用環境に合わせて、ヘルメットの着せ替えを楽しもう!

WINS G-FORCE X

価格:3万3000円(単色)、3万6300円(グラフィック)
夏頃発売予定
サイズ:XXS、XS、S、M、L、XL
カラー:マットディープブルー、アッシュグレー、ストーングレー、アイアンレッド×ブラック

クロスバイザーの角度は調整可能

オプションのシールドの装着には標準装備のクロスバイザーと同じベース部を活用する。いずれの装着作業にも工具は不要で、慣れれば数十秒でできるようになる。

クロスバイザーの角度は3段階で変更できるが、下の写真3つ目はバイザーの脱着用に設定されたもので、空気抵抗を強く受けてしまうためこの状態での走行は非推奨とのこと。

写真上2つのいずれかで、日差しや前傾姿勢の程度、空気抵抗などの状況に応じて調整しよう

こちらはバイザーの脱着用ポジションにつき、走行時は非推奨

頭頂部にベンチレーションを搭載

頭頂部の前方にエアインテーク、後方にエアアウトレットを搭載。いずれも開閉式で、グローブを装着したままでも操作がしやすく、エアインテーク側のみ全開だけでなくハーフオープンも選べる。シェルは走行風の影響を低減するエアロフォルムだ

スタイルチェンジの一例を紹介

G-フォース Xの標準スタイルはクロスバイザー&インナーバイザー仕様だが、インナーバイザーを使わず社外品ゴーグルを用いることで、このようなスタイルにできる。
標準スタイルにフェイスガード(4290円)をプラスした状態。インナーバイザーを活用することもできるが、こちらも社外品のゴーグルを組み合わせればオフロードスタイルになる。
クロスバイザーを取り外してシールド(4180~4950円)を装着した、一般的なオープンフェイススタイル。標準装備のスモークインナーバイザーも併用可能だ

photo:永田まさお

お問い合わせ

ウインズジャパン
TEL:076-259-6560

https://www.wins-japan.com/

  1. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  2. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  3. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  4. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  5. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  6. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  7. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  8. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  9. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  10. アメリカ人ライダーが語るバイクの楽しさとCBR1000RR-Rの素晴らしさ「バイクに乗ってライフスタイルが変わった」

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

ヤマハ TMAX 2022 速報!ヤマハ新型TMAX試乗「スーパースポーツ顔は伊達じゃない、足まわりの進化でよりスポーティに」 HARD WORXのハードケースはコスパ最高!ゴージャスなアルミケースをデイリーに使おう バイク乗りオーナーが山中湖畔に開業!ライダーに優しい貸別荘「BluePit IVY」は安心して愛車を置ける屋内ガレージとサウナが魅力

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション