用品・グッズ

SHOEIの新型ヘルメット「GT-Air 3」は空力性能に優れる快適ツアラー仕様

[PR] sponsored by SHOEI

バリエーション豊富なSHOEIフルフェイスの中で、旅の快適性と安全性にこだわり開発される「プレミアムツーリングフルフェイス」がGTエアーシリーズ。今春、その最新作となる「3」がデビューを果たした。

特徴的な頭頂部のデザインを継承しながら、シェルとパーツの一体感をより高めたデザインを採用。両サイドには、衝撃吸収性と空力性能の両方に利くパーツが配され、新エアロフォルムに進化した。

SHOEIは、自社大型風洞設備を製品開発に生かすが、100km/h相当環境での空力性能テストでは、従来型と比べてヘルメットが上方に浮き上がろうとする力が11%、前方から押し付けられる力が6.5%も低減。高速巡航時のさらなる疲労軽減が期待できる。

ベンチレーションとシールドは新作。換気効率を徹底的に高め、スムーズな操作性と高い気密性を実現することで、こちらもツーリングの快適性向上につなげている。もちろん、シールド内側に装着する防曇シートも同梱される。

ネオテック3に続いて新型インカム装着機構を採用し、マイクロラチェット式のチンストラップもよりスリムで首へのフィット感に優れるタイプに変更されるなど、改良の内容は多岐にわたる。これまで以上に快適な旅を約束してくれる、全方位的な正常進化だ。

SHOEI GT-Air 3

価格:6万8200円(単色)、8万300円(グラフィック)
サイズ:S、M、L、XL、XXL
カラー:マットブラック、ルミナスホワイト、パールブラック、マットブルーメタリック、マットディープグレー、ブリリアントイエローほか

アッパーエアインテークは、100km/h走行時の流入量が従来モデル比で約1.2倍に。トップエアアウトレットは、シェル表面を流れる風の流速が最も高い位置にホールを配することで、排出量が約1.8倍になった
ロアエアインテークには着脱式デフロスターフィルターを内蔵
内装表地は、吸湿速乾素材と起毛素材をハイブリッドで使用。汗による不快感を軽減し、着脱時の快適性を高めてある。同梱のチンカーテンは、走行風の侵入を削減するため従来品より面積を拡大。パーツがコンパクトで軽量な新マイクロラチェットチンストラップも採用する
インジェクション成型されたゆがみの少ないシールドは、センターロック式に刷新。開閉時のたわみが抑えられ、窓ゴムとシールドの左右密着バランスが向上した。シールド下部にはリブを追加し剛性がアップ。写真のシールド微開ポジションでは低速走行時に換気が可能
従来型と同じく左側面のレバーで開閉するインナーサンバイザーも装備する
SHOEIコムリンク対応モデルとして、従来よりもスイッチ部分がコンパクトなインカム装着機構を採用。これまではセナ製のみだったが、B+COM製品もビルトインできるようになった。セナはSRL3、B+COMはSX1が適合

report:田宮 徹 photo:永田まさお/SHOEI

お問い合わせ

SHOEI
TEL:03-5688-5180

https://www.shoei.com/

  1. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  2. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  3. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  4. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  5. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  6. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  7. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  8. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  9. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  10. アメリカ人ライダーが語るバイクの楽しさとCBR1000RR-Rの素晴らしさ「バイクに乗ってライフスタイルが変わった」

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

ARAI アストロGX「優れた快適性で安全性も高めたツーリングフルフェイス」 SHOEIのシステムヘルメット・ネオテック2に、シャープなラインの新グラフィック「セパレーター」が11月登場 【バイク擬人化漫画】ニーゴーマン! 第27話:ふたつの顔を持つ男!? GB250クラブマン君【隔週連載】

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション