用品・グッズ

違いを求める人にお薦め! 東単のアライヘルメット別注カラーモデル

[PR] sponsored by 東単

業界トップクラスの品ぞろえを誇る二輪用品および部品の総合卸売会社として知られる東単は、オリジナル商品の企画・販売にも力を注いでいる。

「MIGLIA(ミレア)」は、通常のメーカーラインアップではかなえられないユーザーの要望を取り入れた東単オリジナルヘルメットのブランドで、これを代表するのがアライとのコラボレーションで展開されるシリーズだ。

最先端の技術を惜しみなく投入して安全性を極限まで高めながら、シンプルかつビンテージな雰囲気にまとめたラパイド・ネオシリーズもミレアのラインアップに設定されており、アライにはないカラーが計6種類販売されている。

このうちグラフィックが配された2タイプは、いずれもブラックベースに鮮やかなラインを配して、ラパイド・ネオが持つクラシカルかつスポーティな世界観をさらに高めてある。

もちろん生産はアライが行い、カラーリング以外の機能はアライが発売するモデルと同一なので、世界最高水準の安全性や、高効率ベンチレーションがもたらす優れた換気性能、固定式エアロフラップによる高い整流効果などで、ちょい乗りからロングツーリングまで、いつでも快適に着用できる。アライならではの高性能を、東単オリジナルカラーで享受しよう。

MIGLIA×ARAI ラパイド・ネオ

写真左:トリコローレ、写真右:ベース(オレンジ)

価格:6万4900円(グラフィック)、5万5000円(単色)
サイズ:55-56、57-58、59-60、61-62
カラー:ベース(オレンジ)、トリコローレ、黒、ターコイズブルー、クラシックブルー、ダスクオレンジ

グラフィック仕様はいずれもマットブラックベースで、左右非対称のオレンジラインが精悍なベースと、センターにイタリア国旗を思わせるラインが入ったトリコローレがある。単色系はアライのラインアップにないツヤありブラック、ターコイズブルー、クラシックブルー、ダスクオレンジの4タイプで、いずれも幅広い車種に似合う汎用性の高いカラーリングとなっている

アライは、衝撃を受け流せる滑らかなフォルムを追求。シールドシステムにダブルピボット構造を用いたVAS機構により、ヘルメット側頭部をより滑らかにしている
ラパイド伝統のマウススリットは、裏側のインナーシャッタースイッチで開閉可能。
額付近に設けられた高効率エアインテークは、シールド側のシャッターで開閉する。後頭部には負圧を利用して排気するNEノズルと左右エアアウトレットホールを備える

photo:永田まさお

お問い合わせ

東単
TEL:03-5427-3114

https://www.tohtan.com/product_category/arai/

  1. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  2. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  3. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  4. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  5. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  6. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  7. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  8. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  9. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  10. アメリカ人ライダーが語るバイクの楽しさとCBR1000RR-Rの素晴らしさ「バイクに乗ってライフスタイルが変わった」

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

プロから圧倒的な信頼を得る「診断テスター」のトップメーカー TEXA 第1話 イラストレーターのイシクラユカです!【連載マンガ】20代女子イラストレーターがバイク乗りになるまでのお話 2023「ナンカイライダーズmeet」が6月25日(日)にもてぎで開催! 前日には初開催の「ナンカイライダーズキャンプ」も併催

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション