用品・グッズ

ヤマハのヘルメット「YJ-21 ZENITH」はフラットサーフェスにこだわる機能充実のフリップアップ仕様

[PR] sponsored by ワイズギア

ヤマハの純正アクセサリー&パーツなどを手がけるワイズギアが展開する、オリジナルヘルメットのブランドがゼニス。このうちYJ-21は、フルフェイスタイプの安全性とオープンフェイスの利便性が両立されたシステムヘルメットだ。

チンバーとシールドが一緒に開閉するフリップアップ機構を備えるが、システムタイプにありがちなシールドベース付近の凹凸が極限まで抑えられており、空力特性に優れるのが特徴のひとつ。ルックスは「ほぼフルフェイス」で、スマートに着用できる。シェルは強靭なポリカーボネート複合素材製で、安全性にも優れる。

また、開閉式インナーサンバイザーを搭載しているのも大きなポイント。帽体側面下部のレバーで素早く操作でき、視界の広範囲をカバーしてくれるのがうれしい。さらに、日本製ワンタッチバックル式ストラップ、高効率ベンチレーション、インカム用のスピーカーホールや内装の眼鏡用スリットも採用。シールドはUVカット仕様で、防曇用のピンロックシートもオプション設定されている。

選択肢が比較的少ないシステムタイプで、充実の機能を誇りながら、単色タイプなら3万3000円とかなりリーズナブル。ヤマハ乗りでなくても使いたくなる快適なツーリングヘルメットだ。

製品の詳細はコチラ(ワイズギア公式サイト)

YAMAHA YJ-21 ZENITH(ゼニス)

価格:3万5200円(グラフィック)、3万3000円(単色)
サイズ:S、M、L、XL
カラー:GF01セミフラットブラック、GF02パールホワイト、N.グレー、メタルブラック、パールホワイト、セミフラットブラック

中央下部の赤いボタンを押してロックを解除すれば、片手で簡単にチンバーとシールドをフリップアップ可能。スモークタイプのサンバイザーは、カバー範囲が広めに設計されており、開閉レバーを左側の帽体側面下部に配することにより、最小限の動作で操作を可能にしている
下部から侵入する走行風を低減するチンカーテンも同梱。内装には、吸汗速乾性に優れて殺菌効果もあるスーパークール素材を採用する。
インカムの装着に対応するため、チークパッドの裏側にはスピーカーホールや配線用の溝もレイアウト
マウスベンチレーションは従来モデルよりも大型化され、空気流入量が2.65倍に向上。大型のスライドシャッターで簡単に開閉操作ができる
頭頂部にも、効率良く走行風を取り込むエアインテークと、シャープな常時開放式エアアウトレットを備える

カラーバリエーション

GF01 セミフラットブラック
GF02 パールホワイト
N.グレー
パールホワイト
メタルブラック
セミフラットブラック

photo:永田まさお/ワイズギア

お問い合わせ

ワイズギア
TEL:0570-050814

詳細はコチラ(ワイズギア公式サイト)

  1. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  2. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  3. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  4. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  5. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  6. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  7. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  8. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  9. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  10. アメリカ人ライダーが語るバイクの楽しさとCBR1000RR-Rの素晴らしさ「バイクに乗ってライフスタイルが変わった」

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

BMW スマートグラス 実物を試着!「スマホ経由でメガネに情報を投影」BMWのスマートグラスは想像以上に使いやすそうだった 50cc原付バイクの魅力を再確認! オシャレにカスタマイズしたヤマハ・YB-1 FOURで考える“原チャリ”の魅力とは 【NEW ITEMS】FIVE WFX MAX WP Outdry

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション