用品・グッズ

「alpinestars×HONDA COLLECTION 2024」の【強力コラボ】アパレルは信頼と安心の塊!<ブーツ&シューズ編>

■「HONDA CR-X DRYSTAR® RIDING SHOE」 183 BLACK RED BLUE

高品質の二輪用製品を企画・販売する岡田商事株式会社は、2024年4月中旬より人気ブランド【alpinestars】の新作「HONDAコレクション」を発売した。ジャケット、グローブ、ブーツ&シューズを中心として展開されるもので、今回の記事では、その中からブーツ2種とシューズ2種を紹介する。

「HONDA SUPERTECH-R BOOT(ホンダスーパーテックアールブーツ)」──高い保護性と快適性を兼ね備えたレーシングブーツの最高峰

ハイクォリティなマイクロファイバー素材を採用していて柔軟性と耐久性に優れる。柔軟性の高いメッシュラバーにより、スムーズな操作性を実現。人間工学に基づき、足形状に合わせてフィットする大型ラバーシャーリングを採用。3Dメッシュ素材で再構築された独立したインナーブーティは、バイオメカニカルアンクルブレースを採用していて内側から足首を保護する。新開発のラバーシフトパッドを採用し、従来よりインナーとアウターのズレを軽減して、ダイレクトで快適な操作性を実現した。足首、かかと、つま先部分にはハードプロテクターを装備し、衝撃から足を守る。

○製品概要
サイズ EU39(25.0cm)〜EU45(29.5cm)
カラー 1317 BLACK BRIGHT RED BLUE
希望小売価格 9万1740円

「HONDA SUPERTECH-R BOOT」 1317 BLACK BRIGHT RED BLUE

「HONDA SMX-6 v2 BOOT(ホンダエスエムエックスシックスブイツーブーツ)」──軽量かつ高耐久のライディングブーツ

雨でも滑りにくいソールを採用し、安全性を確保。シフトチェンジ時に足にかかる負荷を軽減するため、トゥシフターパッドを装備。脱着がしやすいようにジッパーや面ファスナーを採用。インナーは通気性に優れたメッシュ素材によって快適性を高めている。高耐久性のシンガードとヒールカウンターにはエアベントを備え、通気性と快適性を実現。人間工学に基づいて設計された甲とアキレス腱のシャーリングが正確なコントロールと伸縮による動きやすさに貢献している。

○製品概要
サイズ EU39(25.0cm)〜EU45(29.5cm)
カラー 183 BLACK RED BLUE
希望小売価格 4万3890円

「HONDA SMX-6 v2 BOOT」 183 BLACK RED BLUE

「HONDA FASTER-3 SHOE(ホンダファスタースリーシューズ)」──ロングセラーを続けるファスターシリーズのホンダカラー

ボディに軽量で耐摩耗性に優れたマクロファイバーを使用している。差し色としてホンダレッドを使い、ホンダロゴを配置。かかと、つま先、くるぶしをTPU素材でプロテクトしつつも、履き心地がよく歩きやすいことがツーリングライダーに人気。

○製品概要
サイズ US7(25.0cm)〜US11(28.5cm)
カラー 183 BLACK RED BLUE
希望小売価格 2万5740円

「HONDA FASTER-3 SHOE」 183 BLACK RED BLUE

「HONDA CR-X DRYSTAR® RIDING SHOE(ホンダシーアールエックスドライスターライディングシューズ)」──ライディングの操作性とタウンユースの柔軟性を両立

履き心地抜群の快適シューズ。アルパインスターズ独自の透湿防水フィルムDRYSTAR®を採用し、悪天候下でも快適なツーリングを楽しめる。つま先にはTPUインナープロテクション、くるぶしにはTPR素材で補強し、バイク用シューズとして安全性にも妥協を許さない。デュアルコンパウンドラバーソール採用の多層EVA構造ソールで、高い可動性とクッション性を両立している。

○製品概要
サイズ US7(25.0cm)〜US11(28.5cm)
カラー 183 BLACK RED BLUE、1031 BLACK RED GRAY
希望小売価格 2万9040円

「HONDA CR-X DRYSTAR® RIDING SHOE」 1031 BLACK RED GRAY

レポート●モーサイ編集部 写真●岡田商事

CONTACT

岡田商事株式会社(alpinestars)
https://www.okada-ridemoto.com/brand/alpinestars/

  1. アパレルデザイナーが語る『CT125・ハンターカブ』。ワークブーツのようにタフでオシャレなバイク

  2. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  3. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  4. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  5. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  6. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  7. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  8. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  9. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  10. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

【防水ライディンググッズ厳選ミニアルバム】UA スマートフォーン ハードケース マウントシステム[IPX等級:IPX5相当] トライアンフ宇都宮「栃木県内唯一の正規販売店」が2021年12月にグランドオープン!!  大野 雅人 作品展 「Cub-jo -カブジョ-」

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション