用品・グッズ

【ACTIVE】流ネオクラシックカスタム「ZRX1200 DAEG」の装着パーツはどこまでも軽く高性能!

■カスタムパッケージの「ZRX1200 DAEG」

懐かしいスタイルに、今の走りを!

株式会社アクティブは2024年のモーターサイクルショーにて、ネオクラシックカスタムとして「ZRX1200 DAEG」を提案、展示した。
「ノスタルジック」という方向性をテーマに、1980年代の雰囲気と最新技術を組み合わせたパッケージとしている。スタイルこそ懐かしいものでも、軽量、高剛性で走りを現代のものにアレンジしてある、その構成パーツを紹介する。

○【ACTIVE】「オイルクーラーキット」(車種専用品)

ラウンドコアはストレートコアに対して前面投射面積を7%縮小し、冷却効果を向上させている。油温を一定に保持する。
・希望小売価格:現在開発中パーツであり価格は未定。
※モーサイ編集部としては、同社同ブランド同排気量他車用のものが10万円〜15万円(税込)の価格設定であるので、そのあたりに落ち着くのではないかと勝手に予想。

【ACTIVE】「オイルクーラーキット」(車種専用品)
【ACTIVE】「オイルクーラーキット」(車種専用品) 装着イメージ

○【GALE SPEED】「サムブレーキマスターシリンダー(アジャスタブルショートレバー)&ハンドルクランプ」

左親指で操作するリアブレーキ。フットブレーキが使えないシーンでも繊細な動きをコントロールできる。本体のレバー長調整幅は20mm。クランプの高さ調整は7段階(48mm)で、長穴調整幅は10mm
・希望小売価格:本体5万2800円/クランプ 1万2100円

【GALE SPEED】「サムブレーキマスターシリンダー(アジャスタブルショートレバー)」
【GALE SPEED】「サムブレーキマスターハンドルクランプ」

○【GALE SPEED】「アルミ鍛造ホイール Type-Jコントラスト」(車種専用品)

往年のキャストホイールをデザインベースに最新技術でリファイン。切削加工ならではの繊細なラインでまとめてある。
・希望小売価格:フロント15万9500円/リア18万4800円

【GALE SPEED】「アルミ鍛造ホイール Type-Jコントラスト」
【GALE SPEED】「アルミ鍛造ホイール Type-Jコントラスト」 装着イメージ

○【ACTIVE】「口の字断面スイングアーム ポリッシュ」(車種専用品)

アクセル操作への反応がよりダイレクトになる。コーナリング時に大きな荷重移動する乗り方を好むライダーにマッチする。
・希望小売価格:28万6000円

【ACTIVE】「口の字断面スイングアーム ポリッシュ」
【ACTIVE】「口の字断面スイングアーム ポリッシュ」 装着イメージ

○【GALE SPEED】「アルミ鍛造マスターシリンダーVRD Dark Edition」

鍛造の造形や質感を残すための切削加工がなされている。ハードアルマイトを施したブラックボディが特徴。
・希望小売価格:5万2800円

【GALE SPEED】「アルミ鍛造マスターシリンダーVRD Dark Edition」

○【GALE SPEED】「ビレットキャリパー」

高性能と軽量化を両立して、ブレーキングをサポート。どんな車両にも馴染むデザイン。フロントは4P(φ34mm/φ30mm)で、取付ピッチが40mm。リアは2P(φ34mm)で、取付ピッチが84mm。
・希望小売価格:フロント4万4000円/リア3万3000円

【GALE SPEED】「ビレットキャリパー」 フロント
【GALE SPEED】「ビレットキャリパー」 リア

○【GALE SPEED×Speedbox】「チタンボルト」

転造加工で作られた64チタン製で、強度や硬度、耐久力に優れつつ、軽量。
・希望小売価格:各660円~3300円

【GALE SPEED×Speedbox】「チタンボルト」

レポート●モーサイ編集部 写真●アクティブ

CONTACT

株式会社アクティブ
https://www.acv.co.jp/index.php

  1. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  2. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  3. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  4. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  5. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  6. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  7. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  8. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  9. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  10. アメリカ人ライダーが語るバイクの楽しさとCBR1000RR-Rの素晴らしさ「バイクに乗ってライフスタイルが変わった」

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

「BMW M1000RR徹底解説」S1000RRと何が違うのか?212馬力のエンジンと、車重192kgの車体に見る本気度 アールエスタイチの「空水冷クーリングウエア」LIQUIDWINDの実物が見られる!「湘南T-SITE」で6月12日〜8月31日まで展示&販売を実施 第5話 1mmくらい揺らいだ【連載マンガ】20代女子イラストレーターがバイク乗りになるまでのお話

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション