用品・グッズ

「SR400初期型カラーを復刻」!タンク、サイドカバー、テールカバーのセットが【ワイズギア】から

■「SR400 復刻カラー外装セット」装着イメージ。写真は、ほかにデイトナ製の販売品である「ノスタルジックシート」4万7300円、「タンデムシートベルト」1650円、「ハイビジミラーCLASSICクロームメッキ」3520円も装着している。

SR400ファンに向け、初期型を復刻

株式会社ワイズギアは、すでに生産終了となっているSR400に対応する新規発売アクセサリー「SR400復刻カラー外装セット」を発売する。ヤマハ発動機の現代の技術を用いて1978年に発売された初代SR400のカラーリングを再現したもの。専用エンブレムも当時を復刻したデザインで作られた。別売りのシート、ミラーを組み合わせることでより初期型スタイルに近づけられる。

同セットは受注生産であり、受注期間は2024年4月19日〜5月31日、販売開始時期は2024年8月下旬以降を予定している。希望小売価格は10万7800円(品番Q5KYSK008S62)。
ワイズギアの発表では、
「※販売予定数を越えた場合、納期が遅れる可能性がございます。
※多数のご注文を頂きましたら出荷調整する場合がございます。」
と朱書されていて、受注生産とはいえかなりの高人気が想定されている。購入希望の方は、早めの発注がいいだろう。

「SR400復刻カラー外装セット」

○「SR400復刻カラー外装セット」セット内容

・タンク(YAMAHAロゴ入り)
・サイドカバー(左右セット)
・テールカバー(YAMAHAロゴ入り)
・サイドカバー専用復刻エンブレム(2セット)
・取付部品一式
※サイドカバーへの専用復刻エンブレムは販売元もしくは自身で張り付ける必要がある。

「SR400復刻カラー外装セット」 タンク
「SR400復刻カラー外装セット」 サイドカバー
「SR400復刻カラー外装セット」 テールカバー

レポート●モーサイ編集部 写真●ワイズギア

CONTACT

株式会社ワイズギア
https://www.ysgear.co.jp/

SR400復刻カラー外装セットについて
https://www.ysgear.co.jp/Products/Detail/top/cat/01/item/Q5KYSK008S62

  1. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  2. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  3. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  4. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  5. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  6. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  7. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  8. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  9. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  10. アメリカ人ライダーが語るバイクの楽しさとCBR1000RR-Rの素晴らしさ「バイクに乗ってライフスタイルが変わった」

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

補助金積み増し決定!! でも「EV車の購入予定はない」人が9割弱、20代の半数以上は「欲しいとも思わない」ワケ 【FIVE】「STUNT EVO2」にGRAFFITI GLOWが2024春夏シーズン新色として追加! 高フィッティング性能の蓄光グラフィックモデル! 1981年【スズキ GSX1100S刀 最終試作車】試乗レポート「デザインのみならず、走りも衝撃だった!」

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション