用品・グッズ

ワイズギア製XSR900GP用新アクセサリー発売。純正色用外装パーツ、機能パーツなど早くも登場!

純正色用外装パーツ、ツーリングバッグや機能パーツなど、XSR900GP専用アイテムが早くも登場

5月20日(月)からの発売が発表されたXSR900GP。同車は、ヤマハ独自のクロスプレーン・コンセプトに基づく4ストローク直列3気筒DOHCの888ccエンジン搭載のスポーツヘリテージモデルXSR900 ABSをベースに、往年のレーシングマシンYZR500をオマージュしたハーフカウル付きの派生型スポーツモデル。発売前から注目を集めたこのXSR900GP用に、ワイズギアから早くも専用の新アクセサリーが発売される。

2色の純正カラーに合わせて、よりレーサームードを高める外装アクセサリーのほか、バッグ装着用ステーといったツーリングアイテム、走りをグレードアップする機能パーツなどが出そろった。

XSR900GP専用アクセサリー装着例

XSR900GP用の新アクセサリー

ラジエターカバー/2万7500円

■ラジエターカバー/2万7500円
走行中の小石等によるラジエター損傷を低減するカバー。軽量高強度なアルミ素材にコーティングを施して耐久性高めている。XSRのロゴ入りでドレスアップパーツとしても有効。


ソフトサイドバッグ/4万4000円

■ソフトサイドバッグ/4万4000円
デザインにこだわり、シンプルで機能的な小ポケット付きのサイドバッグ。容量は片側14Lから21Lに拡張可能。防水インナーバッグ付属。なお、取付けには別売専用ステーが必要。シートカウルとの同時装着は不可。


ソフトサイドバッグステー/2万4200円

■ソフトサイドバッグステー/2万4200円
ソフトサイドバッグ装着用のステー(左右セット)。バッグを使用しないときにはサポートバーを簡単に取り外し可能。


スモークスクリーン/1万4300円

■スモークスクリーン/1万4300円
車体のスポーツイメージを向上させ、引き締まった印象となるスクリーン。


シートカウル・レッド/3万5200円(装着例)

■シートカウル・レッド/3万5200円

■シートカウル・ブラック/3万5200円
車両本体の純正カラーリング黒/赤のグラフィックに合わせて、統一感のある装着スタイルとなるシートカウル。ソフトサイドバッグとの同時装着は不可。


アンダーカウルキット・ホワイト/8万5800円

■アンダーカウルキット・ホワイト/8万5800円

■アンダーカウルキット・グレー/8万5800円
車体下部の整流効果を高め、スタイリングにより精悍なイメージを与える左右分割タイプのアンダーカウル。純正色対応の2色を用意。サイドプロテクター、エンジンプロテクターとの同時装着は不可。

XSR900GPに対応の既存アクセサリー/機能パーツ

フェンダーレスキット(※XSR900 GP/XSR900共用)/3万3000円

■フェンダーレスキット(※XSR900 GP/XSR900共用)/3万3000円
テール回りの軽快感をより高め、スタイリッシュにするアイテム。高級感のあるブラックアルマイト仕上げで、XSR900との共用パーツ。LEDライセンスライト&スリムリフレクターが付属。
※ソフトサイドバッグとの同時装着は不可/XSR900GPでは、ローダウンリンクとの同時装着は不可。


アルミパフォーマンスダンパー/4万9500円

■アルミパフォーマンスダンパー/4万9500円
車体に発生する振動、変形を効果的に減衰させ、上質な走りを実現する車体制振ダンパー。MT-09(2024~)と共用。

まとめ●モーサイ編集部・阪本  写真●ワイズギア

CONTACT

ワイズギア TEL0570-050814
https://www.ysgear.co.jp/

  1. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  2. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  3. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  4. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  5. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  6. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  7. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  8. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  9. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  10. アメリカ人ライダーが語るバイクの楽しさとCBR1000RR-Rの素晴らしさ「バイクに乗ってライフスタイルが変わった」

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

スーパーカブ C125、起伏がある坂道にも強い!レンタルバイクで日本の原風景を旅するなら『スーパーカブ C125』がピッタリだと思う【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Super Cub C125(2022)】 【Kabuto】「KAMUI-3」に10作目のグラフィック「RIDGE」が加わった!サイドにはシャープなライン 【NEW ITEMS】SHOEI GT AirⅡ CROSSBAR

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション