用品・グッズ

「X-804RS」は【NOLAN】レーシングヘルメットの新フラッグシップ!高速走行時でも安定

■【NOLAN】「X-804RS」MOTOGP/22

豊富なカラーバリエーションでデビュー

二輪用品大手の株式会社デイトナは人気ヘルメットの【NOLAN】に新しいレーシングモデル「X-804RS」を追加発売した。

「X-804RS」は従来からのレーシングヘルメット「X-803」シリーズのパフォーマンスを継承するモデルで、Xシリーズの新しいフラッグシップとなる。
カーボンやアラミド繊維といったハイエンド素材を使用。比類ない強度、安全性、快適さ、軽さ、そして空気力学はレーサー向けに設計されている。高速走行時の安定性を持ち、快適で安定したスポーツライディングを楽しめる。
アグレッシブなデザインは、どんなトラックや道路でも注目を集めるもの。

◯「X-804RS」製品特長

・レーシングエアフローベンチレーション──レーストラックや風洞実験をフィードバックし、トップエアインテーク、フロントエアインテーク、サイドエアアウトレットが大型化されている。
・レーストラックエアロダイナミックスポイラー──計算流体力学(CFD)の研究と風洞試験を元に、MotoGPなどのNOLAN使用ライダーと共同で開発された空力スポイラー。取り外しが可能。
・ウルトラワイドフラットシールド──ECEの厳しい貫通、光学試験をパス。強度や視界のゆがみ防止などの安全性に配慮した、傷に強いフラットシールド。超広角で横方向と縦方向の視認性が前モデルより大幅に向上している。
・セーフティバイザーロックシステム(SVLS)──ネジ式で安全にシールドを固定。簡単に脱着できるシールドシステム。ベースの位置が変更でき、シールドの透き間を調整することが可能。
・「カーボンフィッティングレーシングエクスペリエンス」インナーコンフォートパディング──革新的な3Dメッシュと組み合わせた内装は、頭の上部周辺の空気の流れをより良くしている。X-803同様の生地は、抗菌で肌触りの良いイタリア製生地を使用。内装は、あごひもカバーを含め完全に取り外しができ、かつ洗濯も可能。
・補修品とオプション品──豊富なオプション品を使って自分に合わせたカスタマイズができるのも魅力だ。シールドは8色、センターパッド厚みは4設定、チークパッドは12設定、センターパッドキットは8設定ほか。

セーフティバイザーロックシステム(SVLS)
「カーボンフィッティングレーシングエクスペリエンス」インナーコンフォートパディング

◯「X-804RS」製品仕様

アウターシェル材質:カーボン&コンポジットファイバー
内装:脱着洗濯可能
あごひも:Dリング
規格:SG規格(MFJ公認)
付属品:PINLOCK®曇り止めシート
サイズ:S、M、L、XL
カラーと希望小売価格:
MOTOGP/22 13万2000円
SBK/23 13万2000円
チェカ ホワイト/24 13万2000円
チェカ ゴールド/25 13万2000円
ストーナー10th ANNIVERSARY/26 13万2000円
デイビス/27 13万2000円
レクオナ/28 13万2000円
SPECTRE レッド/18 11万9900円
SPECTRE イエロー/19 11万9900円
SPECTRE ブルー/20 11万9900円
SPECTRE ピンク/21 11万9900円
MAVEN レッド/15 11万9900円
MAVEN トリコロール/16 11万9900円
ゴールデン/3 10万4500円
シルバー/4 10万4500円
イリジウム/5 10万4500円
HOTLAP グレー/11 10万4500円
HOTLAP ホワイト/12 10万4500円
HOTLAP レッド/13 10万4500円
HOTLAP オレンジ/14 10万4500円
PURO/1 9万9000円
PURO FLAT/2 9万9000円

レポート●モーサイ編集部 写真●デイトナ

CONTACT

株式会社デイトナ
https://www.daytona.co.jp/

  1. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  2. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  3. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  4. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  5. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  6. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  7. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  8. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  9. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  10. アメリカ人ライダーが語るバイクの楽しさとCBR1000RR-Rの素晴らしさ「バイクに乗ってライフスタイルが変わった」

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

HONDAとYAMAHA オフロード競技車の2019年モデルが受注開始 知るとバイクがもっと楽しくなる!? チェーン/シャフト/ベルト、駆動方式の美点と欠点とは? EM1 e: ホンダ 電動バイク ホンダ初の一般ユーザー向け電動スクーター「EM1 e:」は、日産や三菱の軽EVのようにブームとなるか

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション