用品・グッズ

「BT MINI Plus」は値段、サイズ、使いやすさをそのままに、大幅機能アップ!上級インカムに迫る性能を気楽に使える!

■「BT MINI Plus」

「ソロかタンデム」用から気楽に「仲間とも使える」ように、大変化!

オートバイ用インカムMIDLAND日本総代理店の株式会社LINKSは、「BT MINI Plus(プラス)」を2024年4月下旬から発売する。

業界最小クラスで本体重量は約29g。コンパクト軽量設計インカムであるコンセプトは従来モデル「BT MINI」そのままだ。スピーカーは従来モデルの直径36mmから直径40mmと大きくなって音質が向上。またバイク2台間でのインカム通話が可能となった。これは従来モデルの最大通信距離が約200m(推奨有効距離約50mの通信)だったのに対し、新製品では500mと伸びたため。これまではタンデムでの利用が想定されていた。

MIDLANDインカム従来モデルともMIDLANDファミリーとしてペアリングが可能となり、また他社製インカムとの通信が可能なユニバーサルインターカム機能も搭載し、多彩なシーンで活用できるようになった。Bluetooth Ver.は3.0から5.1に変更を受けた。
そして、これだけのバージョンアップがなされながら、価格は従来品モデルの1万4850円(BT MINIシングルパック)から1万5000円の150円アップにとどまっていて、とても買い得な設定だ。なお、従来はあったツインパックの販売は廃止され、シングルパックのみとなる。

「BT MINI Plus」

○「BT MINI Plus」製品仕様

同時通話人数:最大2人 ※切替式で3台間での通話が可能。
インカム登録:ミッドランドまたは他社製ブランドインカムを合計3台まで登録可能(通話は1対1となる)。ユニバーサルインターカム機能を搭載。
Bluetooth Ver.:5.1
Bluetooth機器接続:1台(携帯電話/音楽プレーヤーなど)。Siriなどの音声認識機能の利用が可能。電話の着信応答も可能。
本体重量:29g
スピーカー:直径40mmMIDLAND高音質Hi-Fiスピーカー
連続通話時間:約8時間(Bluetoothインカム通信時)
希望小売価格:シングルパック1万5000円(品番C1410.12)

「BT MINI Plus」

○「BT MINI Plus」製品同梱内容

・直径40mmHi-Fiスピーカー
・ジェット/システムヘルメット用ブームマイク
・フルフェイス用アームマイク
・スピーカー/マイク面ファスナー
・USBタイプCコネクター充電ケーブル
・スペアスポンジ
・粘着テープマウント

「BT MINI Plus」
「BT MINI Plus」

レポート●モーサイ編集部 写真●LINKS

CONTACT

株式会社LINKS(MIDLANDウェブサイト)
https://www.midlandradio.jp/

  1. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  2. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  3. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  4. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  5. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  6. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  7. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  8. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  9. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  10. アメリカ人ライダーが語るバイクの楽しさとCBR1000RR-Rの素晴らしさ「バイクに乗ってライフスタイルが変わった」

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

スリムなスタイルでスマート&風切り音低減 PACK TALK SLIM JBL/BOLD JBL 【’80sバイク熱狂時代】NSR史上最高馬力! ライバルメーカーが恐れた1988年式NSR250Rとはどんなバイクか?(前編) R1300GS BMW GSトロフィー GSスポーツ BMW新型R1300GS試乗「巨体に騙されるな!オンではネイキッドのように振り回せ、オフでは600cc並の自在感」

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション